病院の検査の基礎知識

人間ドックで受ける基本的な検査(44項目の詳細リンクページを掲載)

人間ドックの目的は、自覚症状が現れていない段階で各種検査を受けることで、病気やそのリスク要因を発見し、その結果に合わせて精密検査や経過観察などの対応をとることで、病気の予防、改善、重症化の防止を目指すというものです。

健診後の保健指導

人間ドックは一般の定期健診より検査項目が多く、胃がん検査に内視鏡が用いられるなど、より高度な検査が行われます。希望によりオプション検査を追加することもできます。

受診年齢に関して明確な基準はありませんが、30〜40歳代の人は2年に1回、心臓病や脳血管障害、がんのリスクが高まる50歳代以降の人は1年に1回の頻度で人間ドックを受けるのが理想です。ご家族に糖尿病や高血圧をはじめとする生活習慣病、脳梗塞や心筋梗塞、がんになった方がいる場合、最低1度は受診しておきたいものです。

名称検査項目発見される主な病気
身体計測身長・体重・BMI・体脂肪率・腹囲肥満状態
眼科視力眼圧眼底検査視野検査緑内障・網膜の状態
聴力聴力検査(オージオメーターを使用した1000Hz、4000Hzの純音による検査)難聴
呼吸器胸部X線検査肺機能検査(肺活量、1秒率)肺がん、肺結核、自然気胸、肺炎、肺気腫
循環器胸部X線検査・心電図・心拍数心臓肥大、不整脈、血圧異常
血液一般白血球赤血球血色素ヘマトクリット血小板・赤血球数恒数・血清鉄白血病、貧血、多血症、血小板数異常
感染症CRP(C-反応性タンパク)・TPHA・ガラス板法感染症、梅毒
肝臓超音波検査GOT、GPTLDHALPγ-GTPコリンエステラーゼビリルビン・アルブミン・総タンパク・A/G比B型肝炎抗原C型肝炎抗体肝臓がん、脂肪肝、急性・慢性肝炎、アルコール性肝障害、肝硬変、B型・C型肝炎
胆嚢超音波検査胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢がん
膵臓膵アミラーゼ慢性膵炎、膵がん
脂質総コレステロールLDLコレステロールHDLコレステロール中性脂肪高コレステロール血症、脂質異常、高中性脂肪血症
糖尿病血糖尿糖HbA1c糖尿病
尿酸尿酸高尿酸血症、通風
腎臓・尿路尿素窒素クレアチニン尿タンパク尿潜血尿ウロビリノーゲン尿沈渣尿比重腎臓がん、腎臓結石、水腎症、腎臓機能障害
食道上部消化管バリウム造影内視鏡検査食道がん、食道アカラシア
同上胃がん、胃潰瘍、胃ポリープ
十二指腸同上十二指腸潰瘍
便検査便潜血反応大腸がん、大腸ポリープ

検査日程は、日帰り型の1日ドックや1泊2日型ドックなど、いくつかのコースがありますが、1日型と1泊2日型が一般的です。時間をかけるコースほど、検査項目が多くなります。人間ドックの費用は健康保険が適用されず、自己負担になります。なお、受検者の勤める企業によっては、補助金を出しているところもあります。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.