病院の検査の基礎知識

感染症の検査の一覧

病原微生物(病原体)が体内の臓器や組織に侵入して増殖し、生態に何らかの反応を引き起こすことを感染といいます。その結果起こってくる病気を感染症といいます。また、感染しても、発病しないことがあり、これを不顕性感染といいます。

細菌検査の様子です

感染症の原因となる病原体は、ウイルス、細菌、真菌(カビ)、原虫、寄生虫などで、細菌には一般の細菌、マイコプラズマ、クラミジア、リケッチア、スピロヘータなどが含まれます。

感染経路には、病原体を保有する人や動物、土壌などから直接感染する場合と、空気、水や食べ物、ほかの動物を介して、間接的に感染する場合があります。

  • 性病の検査…性器クラミジア感染症や淋病、梅毒など若い世代を中心に感染が広がっています。
  • 赤沈…赤血球沈降速度の略で、主に炎症をともなう病気の有無や程度がわかります。
  • CRP(C-反応性タンパク)…炎症の早期診断、病気の経過観察に役立ちます。
  • ASO検査…高熱や関節痛を起こす病原菌として知られている溶連菌の有無を調べます。
  • 細菌検査…臓器の分泌液や血液などから、病気の原因となっている細菌を検出します。
  • HBs抗原・抗体…B型肝炎ウイルス感染の有無や、その程度を知ることができます。
  • HCV抗体…C型肝炎の感染の有無を調べることができます。
  • 結核菌検査…塗沫・培養検査で痰に結核菌が確認されるかどうかを調べます。
  • ウイルス抗体価検査…体内に生じる抗体を検出して、ウイルス感染の有無を調べます。
  • 腸管出血性大腸菌O157…出血性の腸炎を起こす細菌で、食中毒の原因にもなります。
  • ノロウイルスの検査…激しい嘔吐を主症状として、高齢者施設、幼稚園等での集団感染が頻発。
  • ヘリコバクター・ピロリ菌…胃の粘膜に感染するグラム陰性棹菌です。
  • 梅毒血清反応…妊婦検診や献血、手術の前後などにも必ず行なわれます。
  • HIV抗体検査…エイズウイルスに感染しているかどうかがわかります。
  • 寄生虫検査…テープで調べる方法や、血液で調べる免疫学的検査方法があります。
  • クラミジア検査…核酸増幅法(PCR法、LCR法)などを用いて検出します。

 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.