病院の検査の基礎知識

呼吸器の病気の検査の一覧

食べ物の栄養素は体内に取り込んだ酸素によって燃やされ、生命活動に必要なエネルギーに変換されます。その燃焼によって生じる二酸化炭素は、体には不要物ですから体外に排出されます。
この酸素の取り込みや二酸化炭素の排泄にかかわる気管を総称して呼吸器といい、大きく分けて気道、肺、胸郭の3つの部分から構成されています。

呼吸器系疾患

検診や人間ドックで、呼吸器の病気を調べる検査としては、一般に胸部X線による単純撮影が行われます。呼吸や咳・痰などに関する症状を訴えて外来に診察を受けに来た患者にも、まず、エックス線写真を撮るのが前提になります。ほかに肺活量を測定する肺機能検査や喀痰(かくたん)検査が実施されることもあります。

これらの検査で疑わしい病気があれば、動脈血分析、胸水穿刺、X線による胸部断層撮影、胸部CT、気管支内視鏡などの精密検査が行われることになります。

  • 胸部X線検査…肺炎、肺がん、肺気腫などの呼吸器系疾患の有無と程度がわかります。
  • 胸部CT検査…胸部X線の結果、肺がんや胸部の病気が疑われたときに行なわれます。
  • 気管支内視鏡…細い管を口から挿入して、気管や肺の内部を観察します。
  • 蛍光気管支内視鏡…正常な気管支組織は緑色に光り、がん組織は黒っぽく見えます。
  • 肺シンチグラム…肺動脈の血流障害や、呼吸機能を調べるために行われます。
  • 肺機能検査…肺の容積や、空気を出し入れする換気機能のレベルを調べます。
  • 酸素飽和度検査…動脈血の中に、酸素がどの程度含まれているかを調べます。
  • 呼気中一酸化炭素濃度測定…簡便に被験者の喫煙状況を知ることができます。
  • 動脈血ガス分析…採血した血液を血液ガス分析装置で分析し、呼吸機能を診断します。
  • 喀痰検査…痰を採取して、含まれている病的な成分を顕微鏡で観察します。
  • ピークフロー値…吐き出した呼気の最大流量のことで、気道の状態を把握できます。
  • 胸水穿刺…肺や胸膜、胸膜臓器に障害があると胸水は異常に増加します。
  • 肺生検…肺の病巣から組織片を採取して、呼吸器系疾患を鑑別します。
  • アプノモニター…無呼吸や低酸素が睡眠中に起こっていないかどうかがわかります。

 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.