病院の検査の基礎知識

脳の病気の検査の一覧

脳にはたくさんの血管があり、脳細胞は、これらの血管から酸素や栄養素を供給されています。これらの血管のどこかが詰まったり出血したりして、脳の組織の一部に障害が起こり、半身麻痺などの症状が現れる病気を、脳血管障害といいます。

脳の病気の検査について

脳卒中は、脳血管障害が突然起こる場合で、発症のしかたによって、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などに分けられます。脳血管性痴呆も、脳血管の血液の流れが悪くなって、痴呆症状が現れてくるものです。ほかに、頭を打ったあと1〜3ヶ月してから、血腫(出血したあとにできた血液のかたまり)が脳を圧迫して、頭痛や手足の麻痺などの症状が現れてくる慢性硬膜下血腫などの病気があります。

  • 頭部CT…X線撮影し、頭蓋骨の中を5mm〜1cm間隔の輪切りにした画像で映し出します。
  • 頭部MRI…CTでは写せない小さな脳梗塞や、脳幹部の病変をはっきりととらえます。
  • 頭部MRA…くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤のスクリーニングとして行われます。
  • 頭部血管造影…造影剤を注入してX線撮影し、動脈、静脈、毛細血管の異常を観察します。
  • 3D-CTA(三次元脳血管造影)…脳の血管を立体構造として三次元に描き出します。
  • 神経超音波検査…超音波の性質を利用して、脳や頚部の血管や血流の状態を調べます。
  • SPECT・PET…脳の断面の血流状態がよくわかり、虚血領域を確認することができます。
  • 脳波検査…頭皮の電気的な変動を頭部の電極でとらえ、増幅し、波形として記録します。
  • 髄液検査…針を刺して、脊髄液を採取して調べ、脳や脊髄に病気や異常を判定します。
  • アミロイドイメージング…アルツハイマー病の原因物質されるアミロイドの沈着をみます。

 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.