病院の検査の基礎知識

食道、胃、十二指腸など上部消化管のあらゆる病気の診断ができます

一般に「胃カメラ」と呼ばれる、口からの内視鏡検査では、のどの奥にある舌根にスコープが接触してしまうため、嘔吐感(咽頭反射)と窒息感に悩まされる患者さんが少なくありませんでした。この苦痛から検査を受けるのが遅れて、結果的に胃がんなどの上部消化管疾患が進行してしまうという問題がありました。

経鼻内視鏡の写真です

これに対して、鼻からスコープを挿入する経鼻内視鏡検査では、スコープが舌根部に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもなく、リラックスして検査を受けることができます。

また、従来の内視鏡検査に比べて検査中の心拍数と血圧・酸素濃度なども良好で、患者さんへの負担が大幅に減少することが証明されています。さらに、検査中は舌根部への圧迫がないため、医師と会話を交わしたり、モニターに映し出される自分の胃の映像を見て質問をしたりすることもできます。

複数の病院の調査結果によると、「経口内視鏡検査は、二度とやりたくない」と答えていた人の90%以上が、「経鼻内視鏡検査ならまた受けてもいい」と答えています。

経鼻内視鏡検査で何がわかるのか?
食道、胃、十二指腸など上部消化管のあらゆる病気の診断ができます。組織を採取して調べる生検もできます。健康診断などでスクリーニング(ふるいわけ)検査に有用という意見も出てきています。しかし、従来の内視鏡に比べると画像がやや荒く(2011年以降の製品は従来の内視鏡と同等)、装着できる鉗子の種類や数が限定され、病変が見つかった際の治療が限られるというデメリットがあります。

経鼻内視鏡検査はどのように行われるのか?
前処置として、胃の中をきれいにするガスコンドロップを飲み、次に鼻を広げて通りを良くするための血管収縮薬(プリビナ)を鼻に噴霧します。さらに、鼻の中に麻酔薬のキシロカインをスプレーし、ベッドで横になって喉にも麻酔薬を噴霧します。

胃の出口が自然に広がる左向きの体勢になり、左側の鼻からスコープを挿入します。検査は食道・胃・十二指腸の順に行われていきます。検査時間は5〜10分くらいです。通常は鎮静剤を必要としないので、検査終了後は検査結果を聞いて、車を運転して帰ることも可能です。

異常な場合に疑われる病気
食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃がん、食道・胃の静脈瘤、十二指腸潰瘍など


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.