病院の検査の基礎知識

左右の目の視線の方向が一致しない「斜視」の有無、程度を調べます

通常、ものを見るときは、両方の目の視線がまっすぐに向けられます。ところが、左右の目の視線の方向が一致しないことがあり、これを斜視といいます。片方の目が正面を見ていると、もう片方の目が別の方向を向いています。右目で見ると左目がずれ、左目で見ると右目がずれるというと、左右交互に視線がづれる場合もあります。

内斜視と外斜視があります

斜視は、光を正面から当てたとき、片方の目の黒目(瞳孔)が鼻側による「内斜視」、片方の目の黒目が耳側による「外斜視」があり、そのほか上下や斜めによるものもあります。最近、手術による治療を受けたテリー伊藤さんは外斜視でしたが、原因は学生運動の最中に"味方"の投石が直撃したことだそうです。

遠視や乱視の有無、目の位置などを調べる
斜視の診断の際、必ず行われるのが、光を正面からあてて斜視の状態を確認する検査です。正常な場合、光は両目とも黒目の中央に投影されます。

一方、内斜視の場合、視線がずれているほうの黒目は内側によるので、光は黒目の外側(耳側)に投影されます。外斜視の場合は、視線がずれているほうの黒目は外側によるので、光は黒目の内側(鼻側)に投影されます。

この検査に加えて、「視力検査」や、遠視、近視、乱視などの有無を確認する「屈折検査」、目の位置を確かめる「眼位検査」などが行われます。また、眼球運動を調べる「眼球運動検査」、立体的にものを見ているかどうかを判断する「両眼視検査」なども必要となります。

異常な場合に疑われる病気
乳がん、乳腺線維腺腫(良性腫瘍)、乳腺症


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.