病院の検査の基礎知識

妊娠中の検査(母体と胎児の発育をチェック)

妊娠中は定期的に検査を受けて、母体の健康状態と胎児の発育を調べてもらいます。この定期健診は、妊娠初期から6ヶ月までは4週間に1回、妊娠7〜9ヶ月は2週間に1回、妊娠10ヶ月からは週に1回の頻度で受けます。

母体と胎児の検査について

健診には毎回行う検査と、母体の病気のチェックや、妊娠に合併しやすい病気などを早期に発見するための各種の検査があります。定期健診は予定通りに必ず受け、健診予定日の前であっても異常を感じたらすぐに受診しましょう。毎回必ず行われる母体と胎児の検査は以下の通りです。

体重測定
体重の異常な増加は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の兆候である場合があります。また妊娠中に太りすぎると難産になる可能性があります。

血圧測定
妊娠高血圧症候群などの有無を調べます。妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降に高血圧(収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上)がみられる状態で、たんぱく尿を伴うこともあります。

母体の血管が収縮し、胎盤への円滑な血流が阻害されるため、胎児の発育に必要な十分な酸素、栄養が送られなくなるリスクが出てきます。また、母体への影響としては、けいれん発作や肝機能の低下、出産前に胎盤が剥がれてしまう常位胎盤早期剥離のリスクもあり大変危険です。

妊娠高血圧症候群は一旦発症すると、妊娠中に治ることはないので、悪化させないための予防と早期発見が肝心です。そのため妊婦検診の定期的な血圧測定と尿たんぱくの検査は重要となります。

子宮底長の測定
子宮底長とは恥骨から子宮底までの長さで、胎児の発育の目安になります。

腹囲の測定
へその高さの位置で子宮の大きさを測ります。脂肪のつき方によって差が大きく、これだけでは胎児の大きさは判定できません。

尿検査
尿中にたんぱくや糖が出ていないかどうかを調べます。

浮腫検査
脚を指で押してむくみをチェックします。妊娠後期はむくみが起きやすく、あまりひどい場合は妊娠中毒症の恐れがあります。

内診
子宮筋腫や卵巣の腫れ、子宮口の硬さや開き具合などを調べます。毎回行わない場合もあります。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.