病院の検査の基礎知識

健康診断の目的と検査項目

健康診断(健診)は、特に自覚症状のない人が、自分の健康状態を知って生活習慣病を予防したり、隠れた病気を発見するために行われます。健康診断には、職場や自治体の健診などがあります。企業などに勤めていないと受けにくいことがあるかもしれませんが、健診の大切さを理解し、1年に1回は受けるようにしましょう。

検査項目
健診では、血圧測定、尿検査、血液検査、肺機能検査胸部エックス線検査心電図検査視力検査眼圧測定眼底検査などが行われます。尿検査では、尿糖尿たんぱく尿潜血反応など、血液検査では総コレステロール血糖GOT(AST)、GPT(ALT)γ-GTP赤血球数などさまざまな項目を調べます。

医師による診察も行われます。検査項目の数は、職場や自治体などによって異なります。「人間ドック」の場合は、健診より検査項目が多く、オプションの検査を加えることもできます。
健診や人間ドックでは、検査項目ごとに、結果を数値で表したり、異常の有無を示します。また、複数の項目から、脂質代謝、糖代謝、肝機能、腎機能などを調べ、「異常なし」「経過観察」「要再検査」「要精密検査」などと判定されます。

基準値について
数値で示される検査項目には「基準値」が設けられています。健康な人の集団の検査値をもとに、その95%の人が含まれる範囲を統計的に求めた値が基準値とされ、医療機関ごとに値が違うことがあります。各検査値が基準値の範囲内であれば、問題ないとされます。

生活習慣病を予防する
毎年の検査結果は保管しておき、今回と前回の値を比べてみましょう。基準値の範囲内であっても、前年から大きく変動している場合は、注意が必要です。
例えば、総コレステロール値が高くなっている場合は、現在の生活習慣をそのまま続けるとさらに値が上昇し、「高脂血症」になる可能性があります。

また、生活習慣病に関係する検査項目の場合、値が基準値の範囲を少々外れていても、「再検査」ではなく、「経過観察」と判定されることがよくあります。これは、「すぐに治療を始めるほどではないが、生活習慣病を改善する必要がある」という意味です。
生活習慣病があると、動脈硬化が進み心筋梗塞などが起こりやすくなります。その予防のためにも、生活習慣の改善に取り組みましょう。

隠れた病気を見つける
「要再検査」あるいは「要精密検査」と判定された場合、病気がある可能性があります。必ず医療機関を受診して診断を受けたり、治療を受けることが大切です。

関連ページ
健診と検診の違いとは?
人間ドック:基本的な検査(健診より多くの臓器を対象としています)
人間ドック:オプション検査(受診者が選択して受ける追加検査です)
人間ドック:動脈硬化を調べる検査(C反応性たんぱく、インスリン抵抗性指数など)
人間ドック:がんを早期発見する検査(PET、マルチスライスCT、マンモグラフィなど)
検査結果の見方(「正常(範囲)」「経過観察」「再検査」「精密検査」で示されます)
異常を指摘されたら(再検査や精密検査を受けて、病気ではないかどうか確認します)
がん検診とその重要性 (日本では、毎年約50万人が新たにがんにかかるとされています)
主ながん検診の内容 (胃・肺・大腸・乳・子宮がんの各検査項目を解説しています)
がん検診で「再検査が必要といわれたら」 (画像検査と生検で確定診断をつけます)
腫瘍マーカーとは?(がん細胞がつくる特徴的な物質)
腫瘍マーカーで調べられるがん(前立腺がんにはPSA、肝がんにはAFPやPIVKA-U)
代表的な腫瘍マーカーの特徴と基準値(CEA、AFP、CA15-3、PSAほか12種類のまとめ)


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.