病院の検査の基礎知識

腫瘍マーカーは「がん」の存在を示す目印です

腫瘍マーカーとは悪性腫瘍(がん)の指標となる特殊な物質のことで、大腸がんなどの診断に利用されるCEAをはじめ、いくつかの腫瘍マーカーが発見されています。この検査では、普段ほとんどみられない酵素やたんぱく、ホルモンなどが、血液・尿中に増加していないかどうかを調べます。

腫瘍マーカーはがん早期発見のため、スクリーニング(ふるい分け)検査として用います。ただし、がんがあっても検出されないこともあり、またがん以外の疾患でも増加することがあるため、決定的な指標とするのは早計で、画像診断や生検などを組み合わせて総合的に判断するものです。

現段階ではむしろ、治療中の経過観察や再発チェックの面で有用と考えるべきでしょう。また、ある臓器のがんの指標となる腫瘍マーカーをいくつか組み合わせて検査することで、より確実な診断が期待できるため、複数の腫瘍マーカー検査を組み合わせて実質することもしばしばあります。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.