病院の検査の基礎知識

健康な人の検査値から上下2.5%を除いた、95%内に含まれる数値が基準値

人間ドックの検査結果は、わかりやすいように「正常(範囲)」「経過観察」「再検査」「精密検査」で示されます。血圧や尿検査などでは、検査数値が「基準値」の範囲に入るものが正常と判定され、それ以外はなんらかの異常が疑われます。

基準値は、過去に大きな病気の経験がない、健康な人の検査結果から求められます。健康な受診者の検査値から上下2.5%を除いた、95%内に含まれる数値が基準値とされます。
日本人間ドック学界では、医療機関によって若干のばらつきがある基準値を統一するために、全国のデータをもとに基準値のガイドラインを作成しています。日本人間ドック学界などによる認定施設や一部の医療機関では、このガイドラインが利用されています。

実際は「正常」でも異常値が出やすい項目があります
検査時の心理状態や食事などによって、実際には正常であるにもかかわらず、異常が疑われる数値が出やすい項目があります。以下はその代表的な項目です。

血圧
医師や看護師などに緊張して、血圧が上がることがあります。これを「白衣高血圧」といいます。ふだんから家庭で血圧を測定しておくと、白衣高血圧なのかどうかの判定に役立ちます。

総コレステロール
総コレステロール値が基準より高い場合、動脈硬化が起こる可能性が高くなりますが、閉経後の女性では閉経前よりも20mg/dlほど数値が高くなる傾向があります。多くの場合は心配ありません。

中性脂肪
検査前日に脂肪分の多いものを食べたり、アルコールを摂取していると、中性脂肪の値が一時的に高くなることがあります。

尿たんぱく
陽性の場合は腎炎などが疑われます。ただし、高たんぱくの食事をとったり、スポーツをしたり、強いストレスがあったりすると、病気がなくても尿たんぱくが陽性になることがあります。

検査結果が基準値から外れていた場合、病気の危険信号なのかどうかの判断が必要です。人間ドックでは、医師が問診で受診者の生活習慣なども確かめた上で、総合的に結果を判定します。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.