病院の検査の基礎知識

心疾患と脳血管疾患は、動脈硬化の進行と深く関わっています

日本人の死亡原因のおよそ6割は、がん、心疾患、脳血管疾患の3つで占められています。このうち、心疾患と脳血管疾患は、動脈硬化の進行と深く関わっています。その動脈硬化の可能性を調べ、心疾患と脳血管疾患の予防につなげる検査を、人間ドックのオプション検査で受けられるようになっています。

動脈硬化の可能性を調べる検査には、血液や尿を採って調べる方法と、超音波で血管の壁を観察する方法があります。血液検査では「C反応性たんぱく(CRP)」と「インスリン抵抗性指数」を、尿検査では「微量アルブミン」の値をそれぞれ調べます。

C反応性たんぱく(CRP)
近年、動脈硬化は「血管が炎症を起こした状態」と考えられるようになっています。そこで、炎症が起きているかどうかを血液中のC反応性たんぱく(CRP)という物質を調べるのがこの検査です。一定量以上検出された場合は、動脈硬化の危険度が高く、心疾患や脳血管疾患の発祥につながりやすいと予測することができます。

インスリン抵抗性指数
インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれる際に必要なものです。そのインスリンの効きが悪くなると、血液中のブドウ糖(血糖)が増え、同時に、血糖の濃度を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。こうなると動脈硬化の危険性が高まってきます。

したがって、インスリンが上手く効かなくなる「インスリン抵抗性」の程度を調べれば、動脈硬化の進み具合を調べることができるわけです。内臓脂肪の多い人は、脂肪細胞からインスリンの効きを抑制する物質が分泌されるので、特に注意が必要です。

微量アルブミン
アルブミンはたんぱく質の一種で、体に必要な成分なので通常は体から排泄されません。しかし、腎臓の糸球体という細い血管のかたまりに炎症が生じると、アルブミンが尿の中に漏れ出てきます。そのため、尿検査で微量のアルブミンが検出された場合は、血管に炎症が起こっている可能性が高く、動脈硬化の危険性が高いと考えられます。

頚動脈超音波検査
動脈硬化の進み具合を実際に確認するため、体の外から頚動脈に超音波を当て、血管の壁の状態を観察する方法が、頚動脈超音波(頚動脈エコー)です。動脈硬化の進行状態を具体的に調べる検査としては、簡便で精度が高いとされています。

血管脈波検査
動脈硬化を診断するためには、血液を送り届けるという血管の機能を調べる「血管脈波検査」も行われます。この検査では、動脈の硬さを評価するCAVI(心臓足首血管指数)、下肢の動脈の狭窄・閉塞を評価するABI(足関節上腕血圧比)の測定が行われます。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.