病院の検査の基礎知識

特定の病気を念頭に、受診者が選択・希望して別料金で受ける追加検査です

人間ドックには「オプション検査」と呼ばれる検査があります。基準検査のほかに、受診者が選択、希望して別料金で受ける追加検査のことです。ある特定の病気を示す異常があるかどうかを調べるために行われます。

脳梗塞が心配な方は脳ドックへ

喫煙歴が長い人や、家族にがんや脳卒中、心臓病に罹った人がいる場合などは、一般の人に比べて病気を発症する危険性が高いといえますので、自分にあった健康管理をするためにも、オプション検査を受けておくとよいでしょう。検査には大きく分けて、がんに関する検査とそれ以外の生活習慣病に関する検査があります。

がんのオプション検査
基準検査でも、がんに関する検査は行われますが、ごく小さな早期のがんを見つけることが困難な場合もあります。そこでオプション検査では、より精密な画像検査などを行います。

肺がんではマルチスライスCT、大腸がんでは大腸内視鏡検査、前立腺がんでは腫瘍マーカー(PSA)や超音波検査、乳がんではマンモグラフィ、子宮がんでは細胞診などが代表的な検査となっています。

生活習慣病のオプション検査
よく知られているのは「脳ドック」で、脳梗塞やくも膜下出血を起こす危険性がないかをMR(MRIMRA)、頚動脈超音波で詳しく調べます。脳ドックでは、きわめて初期の認知症を見逃さないための神経心理検査なども行われます。

また、心臓の機能の形態を運動負荷心電図心臓超音波マルチスライスCTで詳しく調べる「心臓病ドック」や、X線や超音波で骨粗鬆症の重要な要因である骨密度の検査を行う「骨粗鬆症ドック」などもあります。

人間ドックは、生活習慣病のリスクが高まる30代〜40代は2年に1回の頻度、脳卒中や心臓疾患(心筋梗塞、狭心症ほか)、がんのリスクが高まる50歳を過ぎたら毎年受けることが勧められます。オプション検査の中でも、脳や心臓病ドックなどは、検査が大がかりで、基準検査とは別の日に受けることもあります。

これらは毎年受ける必要はありませんので、1年に1つずつ種類の違うものを受けるようにすると、数年間で一通り全身を調べることができます。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.