病院の検査の基礎知識

自覚症状のない無症候性脳梗塞や未破裂動脈瘤を発見する脳ドック

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は、脳の血管の病気で医学的には「脳血管障害」ともいいます。脳卒中は働き盛りの40〜60歳代に多く、元気だった人が突然手や足が動かなくなったり、言葉が喋れなくなったり、ときには意識障害、記憶障害が起きる大変な病気です。

頭部MRI

しかしながら、一般的な人間ドックの検査項目には脳の画像検査(頭部MRI、MRAなど)は含まれていないため、脳の組織や血管の状態を調べるには、脳卒中の早期発見に特化して検査を行う「脳ドック」を受ける必要があります。

高血圧、糖尿病、脂質異常症などの脳卒中につながる生活習慣病がある人、親・兄弟に脳卒中を起こした人がいる方などは、脳卒中の危険因子を抱えていることになりますので、発作を起こす前に脳ドックを受診し、脳の血管がどういう状態になっているかを確認してみるとよいでしょう。

脳ドックで行うさまざまな検査(下の表を参照)は、隠れていた脳の病気を明らかにします。例えば、既に脳梗塞が起こっているのに病変が小さいため自覚症状が現れない「無症候性脳梗塞」は、脳ドックが普及したことで注目されるようになった病態です。近年では「隠れ脳梗塞」とも呼ばれています。

無症候性脳梗塞が発見された人は、そうでない健康な人に比べて、脳梗塞を発症するリスクが高くなることがわかっています。本格的な脳梗塞を発症する前に脳ドックで無症候性脳梗塞を発見できれば、上記の危険因子の有無、ある場合はその内容を調べて生活指導を行うことで、脳梗塞の発症リスクを下げることができます。

そのほか、脳の動脈に瘤ができ、破裂するとくも膜下出血を起こす「未破裂動脈瘤」、頚動脈が狭くなり脳梗塞を起こすことがある「無症候性頚動脈狭窄」、アルツハイマー病などの認知機能障害、脳腫瘍、脳動静脈奇形、モヤモヤ病などの脳の病気を発見することができますので、脳卒中の危険因子がない人も脳ドックを受診する意義はあります。

脳ドックの検査項目は医療機関によって異なり、頭部MRI頭部MRA、頚部エコーのみ(検査結果は郵送)のシンプルなコースもあれば、心電図、血液検査、血液生化学検査、尿検査などをプラスし、脳神経外科専門医が面談形式で検査結果を詳しく説明してくれるフルコースのものまでさまざまです。ここで検査の主役となるMRIとMRA、頚部エコーについて、少し詳しく見てみましょう。

MRI(磁気共鳴画像)
放射線は使用せずに、強力な磁場の中に頭部を入れて、脳に磁気を当ててコンピュータで画像化します。脳を縦・横・斜めのあらゆる方向から断面画像を映し出すことができるのがMRIの最大の特徴です。

隠れ脳梗塞の画像

MRI検査を実施することで、脳の構造や病巣の様子、性質までもが詳しく分かり、CT検査では画像が乱れてしまう小脳や脳幹部の鮮明な画像を得ることができます。自覚症状に乏しい「隠れ脳梗塞」や脳腫瘍の早期発見に欠かせない検査です。

MRI検査の「拡張強調画像(DW1)」と呼ばれる撮影法では、脳梗塞の発症直後から病変部を映し出すことができるため、脳梗塞の有無、位置、範囲をいち早く知ることができます。磁場の中で撮影するので、ペースメーカーの手術を受けている方はこの検査を受けられません。

脳ドックを実施している医療機関のホームページを見ると、「当院では○×社の最新3.0ステラのMRIを導入しております。」という記述が目につくかと思いますが、「ステラ(T)」とは磁気の強さを表す単位のことで、数値があがるにつれて高画質で安定した画像の抽出が可能となります。現在、脳ドックで使用されるMRI装置の主流は1.5ステラもしくは3.0ステラです。

MRA(磁気共鳴血管画像)
MRIと同様に磁気共鳴診断装置で行います。造影剤を使うことなく、磁気を脳に当ててコンピュータで画像化し、血管だけを鮮明な画像として映し出すことができます。CT検査と異なり、頭蓋骨の中の血管も見られるので、血管が頭の中に入ってくる部分も見ることができます。

未破裂の脳動脈瘤を発見

脳ドックでは、進行すると脳卒中を引き起こす動脈硬化や、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の有無を調べる際に重宝します。脳ドックの検査内容は医療機関によって異なりますが、MRIとMRAは必ず行われます。

頚部エコー
頚部に「プローベ」または「端触子」と呼ばれる器具を当てて超音波によって頚動脈の状態を観察する検査です。頚部エコーにより脳梗塞やその前触れ症状である「一過性脳虚血発作(TIA)」の原因となる頚動脈の動脈硬化性変化を詳細に観察することができます。

動脈硬化のリスク評価を実施

血管の動脈硬化を起こした部分を「プラーク」といいますが、頚部エコーでは、このプラークが危険なものか、危険性が少ないものなのかを判別することも可能です。患者さんが椅子に座ったまま苦痛もなく簡単に行えるのも大きなメリットです。

日本脳ドック学会では学会の認定基準に満たす脳ドックの検査項目として以下の検査を挙げています。生活習慣病、喫煙・飲酒習慣、肥満などの危険因子を複数抱えている方は、この検査基準をクリアした施設で1日かけて脳の状態をチェックしてもらうとよいでしょう。

問診および診察 ・家族と本人の病歴、生活習慣、飲酒・喫煙などについての問診
・血圧測定と脈拍の触診、心音や頚部血管の聴診
血液・尿・血液生化学検査 ・血液検査(白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板数)
・尿検査および血液生化学一般検査(総たんぱく、アルブミン、総コレステロール、血糖、HbA1c、尿酸、BUN、クレアチニン)
心電図検査 ・心疾患や心房細動(不整脈の一種)の有無を調べます
MRI ・脳の状態を調べます。
MRA ・脳の動脈瘤や動脈硬化、血管が詰まっていないかなどを調べます。
・頚部MRAを行うこともあります。
頚部エコー ・動脈硬化の有無や進行の程度、血管が詰まっていないかなどを調べます。

脳ドックは、一度受診したらそれで終わりというものではなく、結果を有効に活用して脳卒中の発症を防ぐことに意味があるのです。脳ドックで異常が見つかった人は1年に1回、幸いにして異常が見つからなくても40歳を過ぎたら、数年に1回は脳の状態をチェックすることをお勧めします。

脳ドックの費用(料金)は、医療機関や検査項目の数によって大きく変動します。頭部MRI・MRAのみのシンプルなコースでは2〜3万円前後のものもあれば、脳卒中と関連する部位の検査を充実させたり、人間ドック、がん検診、レディースドックなどと組み合わせたコースでは10万円を超えるものまであります。

金額に関係なく、脳ドックは健康な人を対象に行う検査ですので、健康保険は適用されません。企業の健康保険組合によっては、検査費用の助成金制度を設けているところもありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

働き盛りの方が気をつけたい脳卒中の分類(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)

脳卒中とは、脳の血管に原因があって脳の組織が障害されることで急激に神経症状が出現する病気です。脳卒中には「脳梗塞」、「脳出血」、「くも膜下出血」という3つの病型があります。

脳梗塞
脳の動脈に血栓が詰まって血流が途絶え、それまでその動脈によって酸素を供給されていた脳組織が酸欠状態になり、最終的には壊死してしまい、その部分の脳が本来担当していた機能が失われてしまう病気です。

脳血管の画像を読影する医師

脳梗塞には以下に挙げる「ラクナ梗塞」、「アテローム血栓性脳梗塞」、「心原性脳塞栓症」という3つの主要な病型があります。それぞれ原因が異なるので、順番に見ていきましょう。

1つ目の「ラクナ梗塞」は、太い動脈から枝分かれした"穿通枝(せんつうし)"という細い血管が詰まることによって発症する脳梗塞で、脳梗塞の患者の約3割がラクナ梗塞の患者さんといわれています。

ラクナ梗塞の主な原因は動脈硬化です。血管に強い圧力がかかった状態が続くと、血管壁がだんだんと厚くなっていき、血管が狭くなってしまい、その結果として血流が途絶えてしまうのです。また、狭くなった血管に血栓が詰まって、血流が止まることもあります。

ラクナ梗塞は、安静時、特に寝ている間に発症しやすいのが特徴です。以下に挙げる「アテローム血栓性脳梗塞」や「心原性脳塞栓症」と比べると症状は比較的経度のため命に関わることは滅多にありませんが、放置していると別の部分にも広がり、重症化するケースもあります。

2つ目の「アテローム血栓性脳梗塞」は、頚動脈や中大脳動脈などの太い血管に起こる脳梗塞です。細い血管に起こるラクナ梗塞よりも強い症状(意識障害など)が出やすくなっています。脳梗塞の患者さんの約4割を占めており、ラクナ梗塞と同様に睡眠中の発症頻度が高くなっています。

アテローム血栓性脳梗塞の原因は高血圧、糖尿病、脂質異常症などによる動脈硬化です。血液中の余分なコレステロールが血管に入り込むと、「アテローム」と呼ばれるドロドロした塊が血管壁に付着します。この状態をアテローム硬化といい、動脈硬化の多くの原因となっています。

アテローム硬化によって、血管は徐々に狭くなり血流が滞ってきます。それによって血管壁に付着したアテロームが破裂すると、破れた部分を補修するために血小板が集まって血栓を作り、それが原因で血管が詰まってしまうのです。また、血流が滞って血液が固まってしまい、血管を塞いでしまう場合もあります。

3つ目の「心原性脳塞栓症」は、心房細動(不整脈の一種)などが原因で心臓内にできた血栓が、血流に乗って脳の血管へ運ばれて血管を詰まらせてしまうものです。心臓でできた血栓は大きいため、脳の太い血管を詰まらせてしまい、手足の麻痺や感覚障害、言語障害、意識障害などの強い症状が起きやすくなっています。他の脳梗塞と異なり、急激に症状が現れるのが特徴です。

脳出血
脆くなった血管が破れて脳の中に出血を起こし、出血によって生じた血腫(血のかたまり)が脳組織を圧迫して起こる病気です。出血が起きると数分内に頭痛、吐き気・嘔吐、手足の痺れ、意識障害などが現れます。

出血部位によって症状が異なる

血管が破れる主な原因は高血圧です。血管に強い圧がかかる高血圧の状態が長年にわたり続いていると、脳の中の細い動脈で動脈硬化が進行します。血管壁が脆くなったり、壊死が起きたりして、ここが破れて出血します。

くも膜下出血
太い脳動脈のコブ(脳動脈瘤)が破裂して、脳の表面とそれを覆っている「くも膜」と呼ばれる薄い膜との間に出血する病気です。何の前兆もなく激しい頭痛、吐気・嘔吐に襲われるのが特徴で、致死率も高くなっています。

言語障害や麻痺などの後遺症が残る

脳動脈瘤は、人口の数%にしか認められていませんが、先天性の中膜(動脈を構成する3つの層の一つ)欠損が動脈瘤発生の素因の一つとなり、他の後天的因子が重なってコブができると考えられています。

脳動脈瘤は小さくいため、破裂して出血しない限りは自覚症状はありません。くも膜下出血の原因となった脳動脈瘤は破裂脳動脈瘤といいますが、脳ドックなどの画像検査で破裂していない状態で発見された場合には、未破裂脳動脈瘤といいます。

未破裂脳動脈瘤は手術でつぶすことも可能ですが、全身麻酔による開頭手術となることから、わずかながらも危険が伴います。そのため手術の適応は、コブの大きさ、形、その人の年齢、健康状態などを考えて決定されてます。大半は定期的な検査によって、コブが増大していないかを確認する「経過観察」となりますので、過度に心配する必要はありません。

くも膜下出血の最大の危険因子は、脳動脈瘤ですが、それ以外にも高血圧、過度の飲酒、喫煙、腎臓の病気、親族にくも膜下出血で倒れた人がいる(発症リスクが3倍増)などの危険因子が注目されていますので、複数該当する方は要注意です。

脳ドックは脳卒中をきたす脳動静脈奇形、モヤモヤ病も発見できます

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血をきたす疾患として注意が必要なものに「脳動静脈奇形」と「モヤモヤ病」があります。いずれも脳ドックで早期発見が可能ですので、ここでどんな病気なのかをみてみましょう。

脳動静脈奇形
先天的な脳血管の奇形です。通常、心臓から伸びている動脈は脳で段々と細くなっていき、脳の深いところで毛細血管となって、組織が必要とする酸素や栄養を渡します。そして炭酸ガスや不要物を運び出し、再び太い静脈となって心臓へと戻ります。

しかし、脳動静脈奇形のところでは、毛細血管が欠損しており、動脈と静脈が「ナイダス」と呼ばれるとぐろを巻いたような太い血管を介して繋がっています。ナイダス部の血管壁は薄くて弱いうえに、この部分は血流が早く、強い圧が血管壁にかかっているので、破れると脳出血やくも膜下出血を起こしてしまいます。

また、血管が破れない場合でも、周囲の脳の血が脳動静脈奇形に吸い取られるようになっているので、周囲の脳が刺激されて、てんかん発作を起こしたり、脳の機能が低下したりします。脳動静脈奇形はCTとMRIによる検査で診断がほぼつきますが、頭部MRA検査を行えば確定診断ができます。

モヤモヤ病
内頚動脈が前大脳動脈と中大脳動脈に分かれる部分を中心に、血管の壁が厚くなって詰まってしまう病気で、歌手の徳永英明さんが発症したことで有名となりました。詰まった血管の代わりとして、周囲の細い血管が太くなることで、脳の機能をかろうじて保っている状態です。

激しい運動や、過呼吸、血圧の低下などで血流が不足して脳梗塞を起こしたり、細い血管に負担がかかりすぎて出血やくも膜下出血を起こすリスクがあります。

「モヤモヤ病」と名付けられたのは、脳血管撮影で映った血管群が、タバコの煙のようにモヤモヤと揺れているように見えるからです。モヤモヤ病は大人だけでなく、子供も発症し、大人では脳出血、子供では脳梗塞になりやすい傾向にあります。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.