病院の検査の基礎知識

予防を目的としたPET検診は保険が適用されません

予防を目的としたPET検診は、全額自己負担となり、その金額は医療機関が自由に設定できる仕組みになっています。がん検診の内容は医療機関によって異なり、PET検査だけのものもあれば、血液検査を加えたもの、CTやMRIなどの画像検査を盛り込んだものまで、様々なコースが用意されています。

気になる料金ですが、PET検査単体で9〜15万円くらいが目安となっています。詳細は事前に各医療機関のホームページで確認しておきましょう。

一方、健康保険が適用となる病気では、国が一律に検査金額(診療報酬)を決めているため、どの医療機関でも同じです。一般的に、健康保険が適応された場合のPET検査費用は75,000円で、そのうち1〜3割を自己負担することになります。3割負担のサラリーマンなどでは22,500円です。そのほか、診察代などが加算されるため、合わせて35,000円と考えておくとよいでしょう。

なお、健康保険でPET検査を受けた場合は、医療控除費の対象となりますが、予防を目的としたPET検診の費用は対象となりません。しかし、検診で重大な病気が発見され、治療を受けた場合は、検診も治療の一環と見なされ、その費用は控除の対象となります。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.