病院の検査の基礎知識

リパーゼとは?

リパーゼとは、すい臓から分泌され、中性脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解する消化酵素のことで、正確には膵(すい)リパーゼといいます。大部分はすい臓に含まれていますが、肝臓、胃、腸にも存在しています。リパーゼには、このほかタンパクリパーゼ、肝リパーゼなど多くの種類がありますが、血清リパーゼといわれたときには、この膵リパーゼを指しています。

過度の飲酒は膵炎の最大の原因です

リパーゼを調べると何がわかるのか?
すい臓の細胞が障害を受けたり、破壊されると血液中のリパーゼの量が増えるため、膵炎などの膵臓の病気を調べる重要な検査となっています。
リパーゼはアミラーゼと同じような変動を示しますが、リパーゼの方がより膵臓に特異的な変動を示します。

急性膵炎では、激しい腹痛とともに、リパーゼの値が基準値(11〜53IU/l)の数倍になります。
慢性膵炎やすい臓がん、膵嚢胞でも上昇しますが、その程度は2〜3倍にとどまります。しかし、急性膵炎のように1〜2週間の上昇はなくて、異常値が持続することが特徴です。

どのような検査か?
血液を遠心分離器にかけ、血清部分を自動分析器で測定します。

検査を受けるときの注意点
特に制限などはなく、当日の飲食も普段どおりでかまいません。

検査結果の判定
激しい腹痛(急性腹症)を起こしたとき、リパーゼを測定して異常値を示せばすい臓の病気が考えられます。急に4〜5倍に上昇したときには急性膵炎、2〜3倍に上昇して持続するときは慢性膵炎、すい臓がん、膵嚢胞が考えられます。
また、肝臓の病気でも経度の上昇が見られ、腎不全のために排泄が低下すると、持続的に高値を示します。

アミラーゼの値と比較検討されますが、リパーゼの比が高いときにはアルコールによる膵炎を考えます。また、急性膵炎がよくなる際、リパーゼが正常値に戻るのが1〜2週間遅れるので、回復の指標になります。

異常があったらどうするか?
腹痛があり、リパーゼが上昇したときはすい臓の病気を考え、膵酵素や腹部超音検査腹部CT検査、逆行性膵胆管造影検査などで精密検査を行ないます。
すい臓の病気では、腹部症状があるために病気が推測できますが、腹部症状がなくリパーゼが上昇しているときは、腎臓からの排泄低下と考え、尿検査、尿素窒素クレアチニンなどの血液検査、腎盂造影検査などが必要になります。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…急性膵炎、慢性膵炎、すい臓がん、膵嚢胞、腎不全、肝障害など
  • 低値…慢性膵炎(膵機能荒廃期)など

十二指腸液検査とは?

十二指腸液検査とは、口から十二指腸に十二指腸ゾンデでという管を挿入して、十二指腸に分泌される胆汁や膵液を採取し、調べる検査です。

十二指腸と膵臓

十二指腸液検査で何がわかるのか?
十二指腸に分泌される胆汁を調べることで、肝臓、胆嚢、胆管の異常、胆嚢の濃縮力、胆石の有無、寄生虫や細菌の感染などがわかります。
また、膵液を調べることですい臓の細菌感染や、膵炎の状態がわかり、すい臓がんの発見にも役立ちます。

どのような検査か?
前日の夕食をとった後は、絶食します。喉を麻酔した後に口から管を入れて十二指腸まで挿入し、十二指腸液を採取します。

検査結果の判定
胆汁が採取できないときには胆道の完全閉塞、胆汁が緑色ないしは黒褐色、あるいは濁りのある場合は胆道の炎症が考えられます。胆砂があれば胆石が疑われ、寄生虫や細菌が検出されれば、感染が明らかになります。
がん細胞が見つかれば、胆道系のがんやすい臓のがんが疑われます。

異常があったらどうするか?
さらに肝臓、胆嚢、胆管、すい臓などについて精密検査を受け、確定診断が下ったら治療に専念します。

異常な場合に疑われる病気
閉塞性黄疸、胆石、胆嚢炎、胆嚢がん、胆管がん、膵炎、すい臓がん、肝臓ジストマなど

HCV抗体とは?

HCVとは、肝炎ウイルスの一つであるC型肝炎ウイルス(Hepatitis C Virus)のことです。HCVに感染しても、C型慢性肝炎や肝硬変の初期では自覚症状がなく、肝機能も正常のことがほとんどですが、血液中にHCV抗体がつくられます。
この検査では、採血をして血清中のHCV抗体を測定することによりC型肝炎の感染の有無を調べることができます。

C型肝炎は注射針の共用で拡大しました

C型肝炎は進行が遅く、感染後10〜20年たってから発病します。急性肝炎では症状が現れず、気付かない人が大勢います。その後、ほとんどの人が、ウイルスが排除されないまま無症候性キャリア(体内にウイルスがいるが障害が見られない状態)や慢性肝炎に移行します。
気付かないうちに病気が進み肝硬変になると、10年後には70%の人が肝臓がんになるというデータがあるので注意が必要です。

20年ほど前までは注射針の共用や輸血用血液で大勢の人が感染した経緯があるので、1980年代以前に輸血を受けた人は、症状の有無に関わらず検査を受けたほうがよいでしょう。
近年では、輸血時のHCV検査が行なわれているので、輸血によるC型肝炎は減少しています。

HCV抗体はどのように検査するのか?
血液を採取して調べます。スクリーニング(ふるいわけ)検査では、HCV抗原は測定せず、HCV抗体を測定して感染の有無をチェックします。検査当日の食事は普段どおりにとってもらってかまいません。

基準値
陰性(-)なら正常です。しかし、抗体は感染後1ヶ月で血液中に現れるため、感染直後は陰性でも、1ヶ月後に陽性となることがあります。

検査結果の判定
HCV抗体が陽性の場合は、現在または過去のウイルス感染を示しており、ウイルス遺伝子の検査(HCV-RNA定性検査)で、キャリアかどうかを調べます。さらに、持続感染の有無を調べるために、HCVコア抗体検査を行なう場合もあります。

異常があったらどうするか?
GOT・GPT、コリンエステラーゼ(ChE)などの血液検査を行ない、肝機能障害がないかどうかを調べます。
肝機能障害があり、HCV抗体が陽性ならC型肝炎が考えられます。その場合は、腹部超音波腹部CT腹腔鏡検査肝生検などの精密な検査を行ない、肝硬変に進行していないかどうかを調べます。肝硬変になっていれば、3ヶ月ごとに超音波検査は欠かせません。

日常生活では、カミソリやタオルを共用しない、乳幼児に口移しで食べ物を与えないなど、他人への感染を防ぐ注意が必要です。C型肝炎は、直ったように見えても再発することがあるので、病状が回復しても年に1回は検査を受ける必要があります。

異常な場合に疑われる病気
C型肝炎(急性・慢性)、肝硬変、肝臓がんなど

HBs抗原・抗体とは?

急性肝炎や、肝硬変、肝臓がんへと進展する慢性肝炎を引き起こすB型肝炎ウイルス(HBV)に感染しているかどうかを調べるのが、HBs抗原の検査です。

B型肝炎ウイルス

HBs抗原・抗体で何がわかるのか?
血清中のHBs抗原や抗体を調べることによって、B型肝炎ウイルス(HBV)感染の有無や、その程度を知ることができます。しかし、HBs抗原が確認されても、免疫がはたらかず中和抗体がつくられない場合は、肝細胞も破壊されないので、肝炎は発病しません。この状態を無症候性キャリアと呼びますが、日本ではこのキャリアが感染者の90%を占めているといわれています。

そのため、HBs抗原の測定は、急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんの診断の他に、キャリアかどうかの確認のためにも用いられています。B型肝炎ウイルス(HBV)は、特に血液を通じて感染するため、輸血時の感染や、出産時の母子感染を防ぐための検査として必要不可欠となっています。

HBs抗原・抗体はどのように検査するのか?
血液を採取して調べます。検査当日の食事は普段どおりにとってもらってかまいません。

基準値
陰性(-)なら正常です。

検査結果の判定
抗原が陽性ならB型肝炎ウイルス(HBV)に感染していると考えられます。抗原が陰性でも抗体が陽性なら、過去に感染したことを示していますが、現在体内にウイルスはいないので他人には感染しません。

異常があったらどうするか?
肝機能障害があるかどうかGOT、GPTなどの血液検査を行ないます。GOT、GPTが上昇していればB型肝炎であり、急性・慢性肝炎、肝硬変などの区別のため、腹部超音波検査腹部CT検査肝生検などのさらに詳しい検査を行ないます。

B型肝炎ウイルス(HBV)は遺伝子タイプ(ジャノタイプ)の違いにより、A〜Hの8種類に分類されていますが、タイプにより病態は異なります。日本ではジェノタイプCが最も多く80%、Bが15%、Aが数%といわれています。
Aは急性肝炎後も慢性化しやすく、Bは無症候性キャリアに多くみられ、Cは肝細胞がんを発生しやすいなどの傾向があります。

無症候性キャリアの場合は、将来発病する恐れがありますので、半年に1回、B型肝炎ウイルスとGOT、GPTの検査を受けましょう。日常生活では、カミソリやタオルを共用しない、乳幼児に口移しで食べ物を与えないなど、他人への感染を防ぐ注意が必要です。

異常な場合に疑われる病気
B型肝炎(急性・慢性)、肝硬変、肝臓がんなど

異常な場合に疑われる病気
慢性・急性肝炎、アルコール性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がん、劇症肝炎、胆道系のがん、すい臓がん、筋ジストロフィー、心筋梗塞など


 
Copyright 2011 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.