病院の検査の基礎知識

心筋梗塞マーカー検査とは?

心臓の筋肉に栄養を送る冠動脈が脂質で詰まってしまう心筋梗塞は、突然死の原因で最も多く、年間5万人もの方が亡くなっています。早急に診断し、治療することが重要ですが、精密検査では心臓の血管に細い管を入れる冠動脈造影を行なうため、体への負担が大きく、手軽にはできないという問題がありました。

心筋梗塞マーカーについて

そこで近年注目されてきたのが、血液を取るだけで検査できる「心筋梗塞マーカー」という診断法です。心筋細胞の壊死により血液中に漏出したトロポニンの増加を薬剤で調べます。
トロポニンとは、心筋細胞の筋原繊維を形成する収縮タンパクで、トロポニンT、IとCからなります、これら3つのうち、臨床的に測定されるのはトロポニンTとIの2つです。

心筋梗塞マーカー検査で何がわかるのか?
トロポニンは心筋の構成成分であるため、これが血液中に出現するということは、急性心筋梗塞や不安定狭心症などによって、心筋がダメージを受けていることを意味します。
従来から測定されているクレアチンキナーゼLDH(乳酸脱水素酵素)などの酵素やミオグロビン(筋肉ヘモグロビン)は、心筋の他に骨格筋にも多量に存在するため、これらが血中に認められた場合には、心筋の傷害ばかりでなく、骨格筋の傷害かを鑑別する必要があります。

一方、トロポニンが認められた場合は、ただちに心筋が傷害されたと判定でき、特異性が極めて高い検査といえます。
また、トロポニンは急性心筋梗塞発症後、数時間で血液中に出現し、2週間ほど高値が持続します。このため、症状がはっきりせずに検査が遅れてしまった場合にも陽性を示し、心筋の障害を診断できます。

異常があったらどうするか?
トロポニンが陽性反応を示した場合は、下記の心疾患が疑われますので、心電図検査心臓超音波心筋シンチグラフィーなどを行なって、心臓の状態をさらに詳しく調べていきます。

異常な場合に疑われる病気
急性心筋梗塞、心筋炎、狭心症など

心筋生検とは?

心臓の筋肉を少量採取し、顕微鏡で観察したり、心臓の筋肉の中のウイルスを検出したりして、心臓の異常の原因を調べる検査で、心臓移植した人の拒絶反応の有無をチェックしたり、心筋炎、心アミロイドーシス、心サルコイドーシスなどの病気や、アドリアマイシン(抗がん剤)による心筋障害を診断する際に行われます。

組織を採取して異常の原因を調べます

心筋生検はどのように行われるのか?
心臓カテーテル検査の際に、血管から心臓へ特殊なカテーテルを送り込み、その先端についた特殊な鉗子によって心臓の筋肉を採取します。心臓の右心室、左心室のどちらからでも、生検は可能です。
カテーテルの挿入に際しては局所麻酔が投与されるので、検査時の痛みはありません。

検査の性質上、心臓の壁に孔を開けてしまう危険性が全くないとはいえないので、検査を行う医師から説明を受け、充分に納得して検査に臨む必要があります(同意書への署名が求められます)。

この検査で診断がつく病気は特殊な病気ですので、治療を継続的に受けなくてはなりません。治療の方法は、原因によってさまざまです。

異常な場合に疑われる病気
心筋炎、心不全、心アミロイドーシス、心サルコイドーシスなど

不整脈の立体画像検査(EAM法)とは?

心臓は、心筋の特定の場所から一定のリズムで発生する電気刺激を受け、規則的に拍動し、全身に血液を送り出しています。一般的な不整脈は、正しい拍動のほかに余計な電気刺激が起こってリズムが乱れ、心不全など命にかかわる発作が起こる場合があります。

不整脈の立体画像検査について

こうした不整脈は、余計な電気刺激を止めることができれば治ります。しかし、電気刺激は目には見えないために、専門医が経験に基づいて心電図を何とか読み取ろうとするしかありませんでした。

EAM法(CARTOシステム)は、この見えない電気刺激を立体画像で表示する診断法です。以前は心電図などを使って数時間調べても、不要な電気刺激の発生源を突き止められず、治療を断念したケースも多々ありましたが、EAM法により、実態のつかみづらかった不整脈を「見る」ことができるため、治療の難しい不整脈の大半を根治させることが可能になりました。

EAM法による診断はどのように行なうのか?
特殊な磁石を取り付けたベッドに仰向けになって横になり、カテーテルという電極のついた細い管を足の付け根の血管を介して、心臓まで挿入します。カテーテルには、磁気を感知し、電気刺激を測定する装置が付いており、コンピューター画面上に心臓の電気信号が現れます。

画面上では、不整脈の原因となる電気信号が到達した場所が、時間順に赤から橙、黄、緑、青へと色で表示されるので、赤色の部位が発生源だと一目でわかります。
この画像を見ながら、この部位から出る電気信号の伝達経路の一部を、50〜60度に熱した治療用カテーテルで焼いて遮断すると、不整脈は起きなくなります。
なお、電気刺激の発生源を突き止めてから、焼く処置までを一気に行なうので、全身麻酔が必要となります。

EAM法を適切に扱うには医師の熟練した技術が必要なため、このシステムが導入されている医療機関は全国でも限られています。また、EAM法で不整脈を治療しても、拡張型心筋症など心臓の筋肉自体が弱っている場合は、別の場所から新たな不整脈が発生することもあります。

ABI・PWV検査とは?

ABI検査とPWV検査は、手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表したものです。この検査を行うことにより動脈硬化(血管の老化など)の度合や早期血管障害を検出することができます。

ABI・PWV検査では、四肢の血圧を同時に測定します

ABI検査で何がわかるのか?
ABI検査(足関節上腕血圧比)は足首と上腕の血圧を測定し、その比率(足首収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算したものです。
動脈の内膜にコレステロールを主成分とする脂質が沈着して内膜が厚くなり、粥状硬化ができて血管の内腔が狭くなる「アテローム動脈硬化」の進行程度、血管の狭窄や閉塞などが推定できます。

動脈硬化が進んでいない場合、横になった状態で両腕と両足の血圧を測ると、足首のほうがやや高い値を示します。しかし、動脈に狭窄や閉塞があると、その部分の血圧は低下します。
こういった動脈の狭窄や閉塞は主に下肢の動脈に起きることが多いため、上腕と足首の血圧の比によって狭窄や閉塞の程度がわかります。

PWV検査で何がわかるのか?
PWV検査(脈波伝播速度)は、心臓の拍動(脈波)が動脈を通じて手や足にまで届く速度のことです。動脈壁が厚くなったり、硬くなったりすると、動脈壁の弾力性がなくなり、脈波が伝わる速度が速くなります。

腕と足の4箇所のセンサー間の距離と脈波の到達所要時間を計測し、計算式(両センサーの距離÷脈波の到達所要時間)にあてはめて得られた数値が高いほど動脈硬化が進行していることを意味します。

ABI・PWV検査はどのように行うのか?
ベッドの上で仰向けになり、両側の腕と足首に、血圧計の帯(カフ)、心電図の電極、心音マイクを装着します。ABIとPWVを同時に測定し、その結果をコンピューターによって数値化します。所要時間は5分程度です。

検査結果の見方
ABIの測定値が0.9以下の場合は、症状の有無にかかわらず動脈硬化が疑われます。
下肢の比較的太い動脈かが慢性的に閉塞し、足が冷たく感じたり、歩くとお尻や太腿の外側などが痛む「閉塞性動脈硬化症(ASO)」が進行すると、足先が壊死してしまうこともあります。
下肢血管エコー検査などを行って、動脈壁の状態をさらに詳しく調べる必要があります。

年齢によってもやや異なりますが、PWVの測定値が13.5以上の場合は、動脈硬化が進行しており、くも膜下出血や、脳梗塞、狭心症や心筋梗塞などの病気にかかりやすくなっていますので、高血圧の人は積極的な治療が必要となります。


 
Copyright 2011 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.