病院の検査の基礎知識

眼球の動きの異常を調べる眼振検査はめまいの診断に欠かせません

めまいの検査の中で最も重要なのが、眼球の動きに異常がないかどうか調べる眼振検査です。めまいが起きているときは、眼振(眼球が一方に片寄ったあと、中央に戻る動き)が現れるため、めまいの起こりやすさを診断することができます。眼振検査は、さまざまな条件の下で、眼振が起きるかどうか調べるもので、「注視眼振検査」と「非注視眼振検査」があります。

フレンツェル眼鏡の装着写真です

注視眼振検査
物を注視した状態で眼振の有無を調べる検査です。頭を動かさずに、視線を上下左右に移して、その際に眼振が現れるかどうかを観察します。

非注視眼振検査
物を注視しない状態で、眼振が起こるかどうかを調べる検査です。目の焦点が合わないようにするためにフレンツェル眼鏡(写真参照)という検査用の特殊なメガネをかけて行います。

フレンツェル眼鏡は、厚い凸レンズが付いており、かけると、目の焦点が合わなくなり、物が見えにくくなります。眼科医からは患者の目が拡大されて見え、眼球の動きがよく観察できるようになっています。

非注視眼振検査では、頭の位置を左右に動かし、そのつど眼振が現れるかどうかを調べます。そのほか、横になった状態で、耳の中に温水を入れて、眼振が現れるかをみるもことあります。
最近では、赤外線CCDカメラを用いて、眼球の動きを録画する眼振検査を行うこともあります。

眼振検査で何がわかるのか?
内耳の障害がある人は、非注視眼振検査で眼振が現れやすく、注視眼振検査では眼振が現れにくくなります。また、小脳や脳幹に障害のある人は、双方の検査で眼振が起こります。

小脳や脳幹には内耳の働きを補う機能があり、内耳の障害によって眼振が起こりそうになると、物を注視することで眼振を抑えようとします。この小脳や脳幹の機能が正常に働かないと、ものを注視する注視眼振検査でも眼振が現れることになります。

一方、障害が内耳にある場合は、小脳や脳幹の機能は正常に働くため、注視眼振検査では眼振が起こりにくくなります。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.