病院の検査の基礎知識

PET検査が保険適用される病気の一覧

人間ドックなどと同様に、予防を目的としたPET検診には健康保険が適用されないため、費用は全額自己負担となります。ただし、治療の一環としてPET検査を受ける場合、てんかんや肺がんなど15の病気については健康保険が適用(自己負担3割のサラリーマンで22500円)されます。

病名 保険適用となる諸条件
てんかん 難治性の部分てんかんで外科切除が必要な場合。
虚血性心疾患 虚血心疾患の心不全患者で、心筋組織の診断が必要な場合。
ただし、通常の心筋血流シンチグラフィでで判定困難な場合のみ。
肺がん 他の検査によりがんの存在を疑うが、確定診断を得られない場合。
他の検査では病期診断、転移・再発の診断が確定できない場合。
乳がん 同上
大腸がん 同上
頭頚部がん 同上
脳腫瘍 他の検査では転移・再発の診断が確定できない場合。
膵がん 膵がんの存在を疑うが、腫瘤形成性膵がんと識別が困難な場合。
他の検査では病期診断、転移・再発の診断が確定できない場合。
悪性リンパ腫 他の検査では病期診断、転移・再発の診断が確定できない場合。
転移性肝がん 転移性肝がんの存在を疑うが、病理診断で確定診断が得られない場合。
原発巣が不明な場合。
原発不明がん リンパ節生検、画像診断などで転移巣が疑われ、かつ、腫瘍マーカーが高値を示すなど、悪性腫瘍の存在を疑うが、原発巣が不明な場合。
悪性黒色腫 他の検査では病期診断、転移・再発の診断が確定できない場合。
食道がん 同上
子宮がん 同上
卵巣がん 同上

 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.