病院の検査の基礎知識

PET検査の4つの利点

近年、PET検査が「がん」の検診や診断の切り札として注目されるようになっていますが、それはPETが従来の検査方法にはなかった以下の4つの特性(利点)を持ち合わせているからです。

一回の検査で全身を調べることができる
CTやMRIでは、まず頭部、消化器など身体のどの部位に病巣があるかの見当をつけてから、その部分だけを撮影します。つまり、疑わしい部位が最初にわかっていないと、ターゲットを設定しにくいという欠点があります。これに対して、PETでは検査薬を注射し、薬が体内の隅々にまで行き渡るのを待って、PETスキャナで全身を撮影できるため、1回の検査で全身をチェックすることができます。

また、一度の撮影で全身を検査できるため、がんが周辺の臓器に広がったり、移転していた場合でも見落とすことなくとらえることができます。そのため、PET検査はがんのステージ(進行度)を診断し、適切な治療計画を立てる目的として、あるいはがんの再発を監視する目的で行われることもあります。

患者さんの身体的な負担が少ない
PET検査の手順は、注射した検査薬が全身に行き渡るのを1時間ほど安静にして待った後、検査台で横になってPETスキャナで30分間撮影するだけですので、患者さんの身体的な負担はほとんどありません。また1回で完了する検査ですので、何度も通院する手間もかかりません。

また、放射線の被曝について心配される方も少なくないと思いますが、一回あたりの被爆量は、胃のX線撮影のおよそ半分となっており、この量は人間が日常生活で、自然界から受ける被爆の量とほぼ同等です。つまり、PET検査はほとんど人体に害がないと考えてもらって問題ありません。

ミリ単位のがんの発見も可能です
従来の画像検査では、一般的に検出されるがんの大きさは1cm程度からといわれています。しかし、多くのがんの場合、1cmになるには10〜20年かかり、1cm以上の大きさになると、増殖速度が上がるため、がんが小さいうちに発見することが重要となります。PETは、細胞の活動レベルを指標に病巣を見分ける検査なので、形態から異常を発見するCTやMRIより小さな病巣(条件が揃えば5mm程度)を発見しやすくなります。

腫瘍が良性か悪性かを識別できます
悪性の腫瘍である「がん」は増殖力が強いため、正常な細胞に比べて3〜8倍ののエネルギー源(ブドウ糖)を必要とします。PETは、ブドウ糖に似た糖に放射性物質を合わせた「FDG」という検査薬の取り込み量から細胞の活動レベルを判別するので、この特性を生かして、腫瘍が良性か悪性かを識別することができます。ただし、PET検査の弱点も存在しますので、決して万能ではないということを知っておく必要があります。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.