病院の検査の基礎知識

正常値(10〜21mmHg)ですが、日本人は正常眼圧緑内障が多い

眼圧検査とは、房水という液体によって保たれている眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。眼圧は、健康な目でほぼ一定ですが、房水の生産量と流出量のバランスが崩れると変動します。眼圧の変動は目の異常を知る重要な手がかりです。特に、緑内障を調べる際には、必ず行なわれる重要な検査です。

現在の主流は非接触型の眼圧検査です。

眼圧検査で何がわかるのか?
眼圧の高さで、高眼圧症(視神経や視野には障害はないが、眼圧が慢性的に高い)や、緑内障(視野に欠損がみられる)、網膜剥離、虹彩毛様体炎などの目の病気にかかっているかどうかを調べることができます。

眼圧検査はどのような検査か?
検査の方法は次の3つがあり、いずれも数分以内ですみます。

ゴールドマン眼圧計
細隙灯顕微鏡に眼圧計がついていて、角膜に色素をつけ、そこに眼圧計を密着させて測定します。現在、最も多く行なわれている検査方法です。患者さんは腰掛けて台にあごをのせ、点眼薬で麻酔をします。

シェッツ眼圧計
仰向けに寝て点眼薬で麻酔し、眼圧計を角膜に当てて測定します。入院中などで横になった患者さんの検査に用いられます。

空気圧による眼圧計
圧搾空気を吹きつけて、角膜のへこみ具合によって眼圧を測定する方法です。器具が患者さんの目に直接触れることはないので、麻酔などの必要がなく、30秒もあれば行なえる簡単な検査です。定期健診や人間ドックなどでよく行なわれる検査方法です。

眼圧の基準値範囲
10〜21mmHgの範囲内です。ただ、緑内障の中には「正常眼圧緑内障」といって、眼圧が正常範囲内でも視神経障害が進んでいくタイプもあります。日本ではこの正常眼圧緑内障の割合が高いので、眼圧の検査とともに、網膜、血管、視神経乳頭の異常を調べる眼底検査も受けたほうがいいでしょう。

検査結果の判定
結果はその場ですぐにわかります。正常眼圧は10〜21mmHgです。高値なら緑内障を疑い、視野検査眼底検査(または眼底三次元画像解析検査)、隅角検査などの精密検査が必要です。逆に、基準値下限の7mmHgより低い場合は網膜剥離などが疑われますので、こちらも場合も精密検査が必要となります。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…緑内障、高眼圧症
  • 低値…網膜剥離、脈絡膜剥離、外傷、脱水、虹彩毛様体炎など

 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.