病院の検査の基礎知識

アミラーゼとは?

アミラーゼは消化を行う酵素の一種で、でんぷんなどの糖分を分解するはたらきがあり、以前はジアスターゼと呼ばれていました。おもに膵臓と唾液腺から分泌され、膵臓の病気などを発見したり、経過を観察するための指標として用いられています。

膵炎や膵臓がんの早期発見に有用です

膵管閉塞が起こると、アミラーゼの流れが阻害されるため血中アミラーゼの上昇、遅れて血中濃度も増加します。そのほか膵炎や膵臓がんなど膵臓の病気でも変化が起こります。そこで、血液と尿のアミラーゼを測定することで、それらの兆候を読み取ろうというのがこの検査の目的です。

アミラーゼはどのように検査するのか?
血清アミラーゼは血液を採取して、血清部分を自動分析器にかけて検出します。また、尿アミラーゼは採取した尿を自動分析器にかけて検出します。検査方法は色々ありますが、現在では酵素法と呼ばれる手法が主流となっています。

基準値と変動の範囲(酵素法)

  • 血清アミラーゼ…60〜250IU/l
  • 尿アミラーゼ…100〜1000IU/l

検査結果の判定
急性膵炎は激しい腰痛を起こしますが、この場合には、アミラーゼの値が平常の5〜10倍に上昇します。発病から3〜4日で血清アミラーゼは正常に戻りますが、尿アミラーゼは高値が続きます。
回復期にもアミラーゼ値が変動することがあり、重症の膵炎や膵嚢胞を合併しているときは、経過の長引くこともあるので、2〜3週間は続けて測定します。
なお、急性膵炎はその他の膵酵素や腹部超音波検査、腹部CT検査とあわせて診断されます

慢性膵炎やすい臓がんは2〜3倍の高値が持続しますが、慢性膵炎でも急性増悪期には急性と同じように上昇します。この場合には、上記の検査のほか、膵胆管造影、腹部血管造影、腫瘍マーカーなどの検査を行ない、診断します。

急性耳下腺炎や唾石症など、唾液腺の病気でも血清アミラーゼは上昇しますが、ほおの腫れや顎の痛みなどで診断がつきます。

また、胃・十二指腸潰瘍の穿孔、急性の胆管・胆嚢炎、腸閉塞、腹膜炎などでも、すい臓が障害されたり膵液の排出が妨げられるため、膵型アミラーゼが上昇することがあります。
劇症肝炎、糖尿病性ケトーシス、腹部外傷では唾液腺型アミラーゼが上昇する場合があります。

異常があったらどうするか?
異常値の原因となっている病気を発見し、その治療にあたることが第一です。ただし、マクロアミラーゼ血症や、特発性の高唾液型アミラーゼ血症などは治療の必要はありません。
持続する軽度の高値のときは、慢性膵炎やすい臓がんなどが考えられますので、エラスターゼ1リパーゼなどの酵素のほか、腹部超音波検査腹部CT検査、逆行性膵胆管造影、腹部血管造影、腫瘍マーカーなどの検査を受けましょう。

異常な場合に疑われる病気

  • 血清・尿ともに高値…急性膵炎、慢性膵炎の増悪期、すい臓がん、膵嚢胞、耳下腺炎、胃・十二指腸潰瘍、腹膜炎、腸閉塞など
  • 血清だけが高値…マクロアミラーゼ血症、腎不全、高唾液腺型アミラーゼ血症など
  • 血清・尿ともに低値…腎臓病末期、肝硬変、重度の糖尿病など

 
Copyright 2013 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.