病院の検査の基礎知識

中性脂肪が高いと心筋梗塞や動脈硬化症の原因となります

中性脂肪(トリグリセライド=GT)とは、体内にある中性脂質、リン脂質、糖脂質、ステロイドの4種類の脂質の一種です。中性脂肪は砂糖などの糖質、炭水化物、動物性脂肪などが主な原料で、肝臓でつくられます。これらを多く取りすぎると、皮下脂肪の主成分として蓄積されるのです。

正しい食生活と適度な運動を!

人間の体が活動するとき、第一のエネルギー源となるのはブドウ糖ですが、不足してくると、貯蔵されていた脂肪が分解されて再び血液中に放出され、エネルギーとして使われます。
しかし、血液中の中性脂肪やコレステロールが増えすぎる(脂質異常症)と、動脈硬化の危険が高まります。日本人の場合は、心筋梗塞の人のコレステロール値はそれほど高くなく、中性脂肪が高値を示す例が多いといわれています。

中性脂肪で何がわかるのか?
中性脂肪が余分になり、血液中に増加してくると、動脈硬化を進める一因になります。そのため、中性脂肪の測定は、動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳卒中など)を予防するために重要です。中性脂肪の値が高い場合には動脈硬化の危険度が高く、低い場合には栄養障害やそれを引き起こす病気が考えられます。

中性脂肪はどのように検査するのか?
血液を採取して調べます。酵素の試薬を使って検出します。

基準値と変動の範囲
中性脂肪の基準値30〜149mg/dlですが、一回だけではなく複数回の測定を行なったほうがよいでしょう。中性脂肪値は食後30分ぐらいから上昇し始め、4〜6時間後に最も高くなります。測定する時間によっても変動が大きいため、検査は早朝空腹時に行ないます。

検査結果の判定
日本人間ドック学会の判定基準では、中性脂肪値が150〜249mg/dlの場合は、要経過観察、250mg/dl異常の場合は、精密検査または治療が必要だとしています。

中性脂肪値が高いのは脂質異常症(高脂血症)です。中年以降の男性でこの病気と診断される人の4割は、中性脂肪値の異常高値によるもので、たいてい肥満がみられます。
中性脂肪だけでなくコレステロール値も高い場合は、動脈硬化症、糖尿病、甲状腺機能低下症、クッシング症候群などが疑われます。

中性脂肪値が1000mg/dl以上の場合は、急性膵炎を起こしやすいので治療が必要です。
中性脂肪が低値の場合は、肝臓病、アジソン病、甲状腺機能亢進症などが疑われます。

異常があったらどうするか?
中性脂肪値が高値を示す人の大半は、肥満や食べすぎ、運動不足、飲酒によるものです。
この状態が続くと、心筋梗塞、脳血管障害など、動脈硬化症の病気の原因になりますので、中性脂肪を家庭でコントロールすることが大切です。

飲酒している人は禁酒するか、週2回程度に節酒します。肥満や運動不足の人は、運動する習慣をつけ、炭水化物や脂肪の多い食事を控えるなどといった努力で、たいてい改善できます。正しい食事療法を行なうだけでも、中性脂肪を約30%も減らすことができますので、頑張りましょう。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、甲状腺機能低下症、クッシング症候群、肥満、肝障害など
  • 低値…甲状腺機能亢進症、肝臓病、アジソン病、栄養障害など

 
Copyright 2013 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.