病院の検査の基礎知識

血液像(白血球分画)とは?

一般に白血球といっているのは、5種類の重要な白血球(好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球)を総称しているもので、これを白血球分画といいます。これらの分画にはそれぞれ異なる形態・性質があり、正常な状態のときはそれぞれの占める割合が一定範囲内に保たれていますが、からだになんらかの異常が発生するとお互いの比率に変化が現れます。

血液像

それというのも、5つの分画にはそれぞれの役割があって、異常の種類に応じてそれに対抗するある分画だけが増加したり減少したりするからです。血液像(白血球分画)の検査はその増減を調べるものです。

好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の役割
好中球は白血球の半分以上を占め、病原菌が入ってきたり異物が生じたりすると真っ先に増加して、病原菌や異物を食べて分解します。好中球に次いで多いリンパ球は、病原菌が入ってきたときに、抗体を作って外敵を退治するほか、それら外敵を記憶する働きを持っています。

単球はマクロファージ(大食細胞)とも言われ、病原菌や異物などを食べてくれます。好酸球は体の防御反応に関与し、アレルギー性疾患に感染すると増加します。
好塩基球はヒスタミンやヘパリンなどの物質を含んでいて、アレルギーや血管拡張などの作用に関与しています。

血液像(白血球分画)はどのように検査するのか?
血液を採取して、白血球分類機構を備えた自動血球数装置で測定します。採血液を直接ガラス上に塗抹・染色して、顕微鏡で白血球を観察・算定する方法もあります。白血球は、好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の5種類の文画に分けられますが、検査では好中球をさらに棹状核球と分葉核球に分類して測定を行ないます。

血液像(白血球分画)の基準値
基準値は白血球100個中の比率で表します。

  • 好中球(棹状核球)…3〜10%
  • 好中球(分葉核球)…40〜70%
  • リンパ球…20〜45%
  • 単球…3〜7%
  • 好酸球…0(+)〜5%
  • 好塩基球…0〜2%

検査結果の判定
それぞれの分画の増減により以下の病気が推測されます。

感染や急性の炎症に最も早く反応するのは好中球です。感染症、外傷、慢性骨髄性白血病、心筋梗塞で増加し、急性白血病や腸チフス、敗血症などで減少を示します。

免疫の役割を担うリンパ球が増えるのはウイルス感染症、甲状腺機能亢進症、副腎の病気で、減少する場合は悪性リンパ腫、がん、白血病が考えられます。

単球は好中球が食べ遺した細菌の後始末や、異物を取り込む働きをします。増加で予測できる病気は結核、梅毒、はしか(麻疹)などです。

好酸球はアレルギー性疾患(気管支喘息、花粉症、蕁麻疹)、寄生虫病、ホジキン病などで増加し、クッシング症候群などで減少します。好塩基球は最も数が少なく、甲状腺機能低下症、慢性骨髄白血病などで増加を示します。

異常があったらどうするか?
血沈血小板数などの各種血液検査や骨髄検査の結果などと総合して、それぞれの分画の増減から疑われる病気の確定診断を下し、治療を開始します。


 
Copyright 2013 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.