病院の検査の基礎知識

急性肝炎や肝臓がん、あるいは心筋梗塞のときに著しく増加します

体内で糖分がエネルギーに転換されるときにはたらく酵素の一種です。ほとんどあらゆる細胞に含まれていますが、肝臓や腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などに特に多く含まれています。したがって、これらの臓器などに異常があって細胞が壊死すると、細胞中のLDHが血液の中へ大量に流れ出します。その量を測定するのがLDHの検査です。

急性肝炎や肝臓がんなどで上昇します

LDHを調べると何がわかるのか?
LDHが含まれている上記の組織に障害が起こると、血液中にLDHが流れ出して高値を示すようになります。特に急性肝炎や肝臓がん、あるいは心筋梗塞のときに著しく増加します。そのほか、慢性肝炎や肝硬変などの肝臓病、腎不全、悪性貧血などの血液病、筋ジストロフィーなどの骨格筋の病気、間質製肺炎、さまざまな臓器のがんなど、多くの病気で血液中に増加するので、これらの病気を発見するスクリーニング(ふるいわけ)検査として用いられています。

LDHはどのように検査するのか?
血液を採取して遠心分離し、自動分析器で測定します。運動によっても変動しやすいので、検査前にはスポーツなどをせず、直前に階段などを駆け上がったりしないようしましょう。

基準値
LDHの基準値はSFBC準拠法で180〜370IU/lですが、測定法(ほかにUV法、PL反応法など)によって異なるので注意が必要です。男女の差はありませんが、妊娠後半期に急上昇し、出産前は基準値の2倍近くになります。

検査結果の判定
血清中のLDHが低値なら問題ありませんが、数値が上昇するのは損傷した臓器の細胞からLDHが漏れ出ていることを意味しています。基準値の4〜5倍も高値を示す場合は急性肝炎や心筋梗塞、肝臓がんが疑われ、高値でも軽度の場合は全身の色々な病気が考えられます。

この検査だけで病気を特定することはできませんので、次に述べるアイソザイム検査を行なって詳しく調べていきます。

異常があったらどうするか?
LDHは肝臓、心臓、肺、腎臓、血液、骨格筋などの病気や、悪性腫瘍で増加します。異常値が出たら、どの臓器の病気かを知るためにアイソザイム検査が行なわれます。アイソザイムとは、同じはたらきをするが分子構造は異なる酵素群のことで、LDHの場合は、さらに分析するとLDH1〜LDH5の5つに分けられます。

肝臓の病気の場合、現在進行中の肝細胞障害の度合いを示しています。急性肝炎の初期にはLDH5が著しく増加します。肝臓がん(とくに転移性がん)でも増えます。しかし、慢性肝炎、肝硬変では数値はあまり上がりません。

心筋梗塞や溶血性貧血ではLDH1が非常に高くなります。筋ジストロフィーではLDH2が、大腸がんではLDH3が、肺梗塞と慢性骨髄性白血病ではLDH2とLDH3が、それぞれ増加します。

肝臓の病気とわかれば、GOT・GPTALPコリンエステラーゼ(ChE)腹腔鏡検査肝生検などの検査や、臨床症状を合わせて総合的に判断され、治療が行なわれます。

異常な場合に疑われる病気
心筋梗塞、心不全、悪性貧血、白血病、急性肝炎、肝臓がん、胃がん、すい臓がん、大腸がんなど


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.