病院の検査の基礎知識

ヘモグロビン量を調べることにより、貧血の種類や性質などが判別できます

赤血球中の大部分を占めている血色素がヘモグロビンで、ヘムという色素とグロビンというタンパク質からできています。赤血球中のヘモグロビンは、酸素を体内の組織に運び、かわりに二酸化炭素を受け取って肺まで運んできて放出し、再び酸素と結びついて各組織に運ぶという重要な働きを担っています。

ヘモグロビンの酸素運搬機能

ヘモグロビンが不足すると、酸素の運搬が十分に行われないため、貧血状態になります。足りない酸素を補うために血液の循環が速くなって動悸を引き起こしたり、呼吸運動が盛んになって息切れしたりします。

ヘモグロビン量を調べると何がわかるのか?
貧血には、赤血球の数が減ると同時に1個の赤血球に含まれるヘモグロビンも減る「小球性低色素性貧血」と、1個の赤血球に含まれるヘモグロビンの量は同じで、赤血球の数が減少する「正球性正色素性貧血」とがあります。赤血球数とヘモグロビン量を比較することによって、いずれかの判別ができます。また、輸血を行なう際の指標としても用いられています。

ヘモグロビン量はどのように測定するのか?
血液を採取し、自動血球計数器にかけると、赤血球数白血球数血小板数網状赤血球数などと一緒に測定されます。なお、検査当日の飲食は普通でかまいません。

基準値

  • 男性…13.0〜16.6g/dl
  • 女性…11.4〜14.6g/dl

妊婦、高齢者は低い傾向にあります。幼児は低く、15歳くらいで成人と同じになります。

検査結果の判定
ヘモグロビン量が基準値を下回ったら、詳しい検査を受ける必要があります。貧血の正確な判定にはヘモグロビン量、赤血球数、ヘマトクリットの値を一定の公式にあてはめて算出する赤血球恒数(赤血球指数)が用いられます。赤血球恒数は貧血の原因、種類、性質などを区別する上で有効な検査で、次のようなものがあります。

  • 平均赤血球容積(MCV)…各赤血球の占める容積の平均値を表わします。
  • 平均赤血球色素量(MCH)…各赤血球中に含まれるヘモグロビン量の平均値を表わします。
  • 平均赤血球色素濃度(MCHC)…一定量の血液中の赤血球容積に対するヘモグロビン量の割合を%で表わします。
女性に多い貧血

基準値は、MCVが83〜99μm3、MCHが27〜31pg、MCHCが32〜36%となっています。MCV、MCHCが基準値の下限を下回っていた場合は小球性低色素性貧血(鉄欠乏性貧血など)、MCVが増加すれば大球性色素性貧血(悪性貧血など)、MCVおよびMCHCがともに正常であるものにもかかわらず、貧血を呈する場合は正球性正色素性貧血(再生不良性貧血、溶血性貧血など)と診断されます。

異常があったらどうするか?
精密検査で貧血の原因を調べ、正球性正色素性貧血(再生不良性貧血など)であれば専門医の指導で治療を受けます。また、体のどこかに出血があればその治療をすることが必要です。

小球性低色素性貧血(鉄欠乏性貧血など)では、ヘモグロビン内に存在する鉄分が不足し、ヘモグロビンの合成能力が低下して貧血が起きているので、牛・豚・鶏のレバー、生かき、ごま、ナッツ類、緑黄食野菜などの鉄分を多く含む食品を日常的に摂るようにしましょう。そうすれば1〜3ヶ月で治ります。

特に20〜30代の若い女性は、月経による定期的な出血、無理なダイエット、偏食による鉄分摂取量の不足などの理由で、男性よりも鉄欠乏性貧血が起こりやすいので要注意です。

異常な場合に疑われる病気
各種貧血(鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、慢性出血性貧血)、白血病など


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.