病院の検査の基礎知識

不妊検査(体温の低温期に受ける検査)

子宮卵管造影は信頼性が高く、治療も兼ねます

ホルモン検査
妊娠に関係するホルモンは、月経周期によって分泌される種類が違うので、体温の低温期(卵胞期)、排卵期、高温期(黄体期)に行われるのが一般的です。

低温期に調べるのは、おもに卵胞刺激ホルモン、黄体化ホルモンプロラクチン、男性ホルモンについてです。方法は血液検査で、血中のホルモンの量を調べます。

子宮卵管造影(HSG)検査
子宮の中に造影剤を入れ、卵管を通り、腹腔内に流れたところでレントゲン撮影をします。子宮の大きさや形態異常、子宮筋腫、卵管のつまりなどがわかります。

検査は少し痛みをともないますが、信頼性は高く、また検査後、卵管の通りがよくなって、そのあと妊娠するケースがよくあるので、最近は早い段階で行う病院が多くなっています。治療を兼ねる不妊検査の代表的なものです。

卵管通気検査
子宮の入り口から炭酸ガスを吹き込み、圧力の変化をグラフに描くことによって卵管が通っているかどうかをみます。卵管が詰まっていると圧力は上昇します。卵管のつまりを調べるのに一番簡単な方法で。子宮卵管造影検査の代わりに行われます。

不妊検査の関連ページ
基本検査排卵期に受ける検査精密検査


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.