病院の検査の基礎知識

臓器特異性の低いマーカーもあるため、臓器を特定できない場合も多い

腫瘍マーカーには多くの種類があり、全身のさまざまながんが検査の対象となります。ただし、どこにできたがんかを特定できる「臓器特異性」が高いマーカーと低いマーカーがあります。

疑わしい部位には、CTやMRIなどの画像検査を行います

臓器特異性の高いマーカーには、前立腺がんのマーカーであるPSA(前立腺特異抗原)や、肝がんのマーカーであるAFPやPIVKA-Uなどがあります。
前立腺がんでは高齢の男性、肝がんではB型・C型のウイルス性の慢性肝炎や肝硬変の人に、発生頻度が高いことがわかっています。そうした「ハイリスク群」の人では、その臓器に特異性の高い腫瘍マーカーが、がんの発生を監視する有効な方法になります。

一方、現在用いられている腫瘍マーカーの多くは、臓器特異性の低いマーカーです。CEAの場合、胃がんや大腸がんのほか、肺がんや乳がんなどでも値は高くなります。いくつもの臓器のがんについて一度で調べられる反面、がんの存在を疑われても、どこにがんがあるかはわかりません。

ただ臓器特異性の低いマーカーでも、それぞれ見つけやすいがんに特徴があるので、いくつかを組み合わせると、疑わしい部位をある程度絞り込むことができます。そこに対してCTやMRIなどの画像検査を行い、詳しく調べていきます。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.