病院の検査の基礎知識

ホルモンの検査の一覧

内分泌臓器は、産生するホルモンが必要なときに必要なだけ分泌されるようになっていますが、腫瘍などがあると内分泌腺の機能亢進が起こり、腺の萎縮などがみられると、機能低下が起こります。ホルモンの分泌量を調べることによって、下垂体や甲状腺、副腎の病変を把握できます。

副腎、甲状腺、下垂体から分泌されるホルモンを調べます

抗利尿ホルモンとは?

抗利尿ホルモン(ADH)とは、視床下部で合成されたあと、脳下垂体の後葉に貯蔵されるホルモンで、バソプレンとも呼ばれています。腎臓からの水分の再吸収をコントロールすることにより、循環血液量(体を流れる血液の量)や血漿浸透圧を維持するなどの重要な役割をはたしています。

ADH

例えば、スポーツなどで大量の汗をかいたり、脱水状態になると、下垂体からの抗利尿ホルモンの分泌量が増え、尿量が少なくなり、水分が失われないように働きかけます。
逆に、水をたくさん飲むと抗利尿ホルモンの分泌が抑制され、腎臓からの水分の再吸収が減り、尿量が増えるようになります。

抗利尿ホルモンの測定は、体内の水分がどんどん排泄され、脱水状態に陥る尿崩症の診断に欠かせません。また、視床下部や脳下垂体後葉の異常が疑われる場合にも行われます。

抗利尿ホルモン(ADH)はどのように測定するのか
血液を採取して測定します。通常は、血漿浸透圧も測定して診断します。なお、アセトアミノフェン、コリン作用薬、エストロゲン、経口血糖降下薬、三環系抗うつ薬などは、測定値に影響を及ぼしますので、これらの薬を服用している方は、あらかじめ医師に申し出てください。

基準値
0.3〜4.2pg/ml

検査結果の判定
ADHが高値を示す場合、非常に高度な脱水などが考えられます。また、血管内の水分が過剰にもかかわらず、ADHの分泌が抑制されない抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)や、下垂体以外にADHの分泌を促す腫瘍ができている場合にも高値になります。
腎臓になんらかの異常があって起こる腎性尿崩症がある場合も、それを正常な状態にしようとADHが過剰に分泌されてしまいます。

逆に、中枢神経の異常で起こる中枢性尿崩症の場合はADHは低値となります。また、心因性多飲(真理的な問題で水分を多量に摂取してしまう状態)などで水分を過剰摂取すると低下します。
視床下部になんらかの異常があってADHの分泌量が低下する場合もあります。

異常があったらどうするか
血液検査や尿量尿比重クレアチニン電解質などのさらに詳しい腎機能・代謝機能の検査を行ないます。
また、ADHは下垂体以外の部位、特に肺がんがあるときに異常分泌されますので、胸部X線検査気管支内視鏡検査などが行なわれる場合もあります。

SIADHの場合は、水分摂取を制限して、原因疾患を特定して治療をします。
水分摂取を制限しても改善がみられないときは、デメクロサイクリンやサイアザイド系利尿薬など、腎臓の抗利尿ホルモンの作用を減らす薬を投与します。2006年には、フィズリンという治療薬が国内でも承認されています。

中枢性尿崩症の治療は、不足しているADHに代わって、合成して作られたADH製剤であるDDAVP(デスモプレシン)を鼻の粘膜から投与(経口では効果がありません)することにより尿量を減少させることができます。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、腎性尿崩症、異所性産生腫瘍など
  • 低値…中枢性尿崩症、心因性多尿など

副腎皮質刺激ホルモンとは?

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は、脳の下垂体から分泌され、副腎皮質ホルモンの分泌を刺激するホルモンで、アミノ酸で構成されるポリペプタイドです。コルチゾールなどの糖質コルチコイドを含むすべての副腎皮質ホルモンの分泌を促進しています。
ACTHの測定は、視床下部や下垂体、副腎皮質機能の異常が疑われる場合のスクリーニング(ふるいわけ)として行われます。

ACTH

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)はどのように測定するのか?
数値は時間帯によって変動するため、早朝空腹時に安静にした状態で血液を採取します。
起床直後から午前中にかけて分泌量が増加し、午後になると減少するに血内変動が見られます。また、ストレスを受けると数値は上昇します。ACTHの測定は通常、コルチゾールの測定と併せて行われます。

基準値
早朝安静時…7.4〜55.7pg/ml

検査結果の判定
ACTHが高値で、併せて測定したコルチゾールも高値を示す場合は、下垂体性のクッシング症候群が、逆にコルチゾールが低値を示す場合は、アジソン病(全身倦怠感、吐き気、下痢、低血糖などの症状が現れる)が疑われます。
また、慢性的に副腎が障害されていると、副腎皮質ホルモンの分泌が減少して、それを回復させるためにACTHが高値となることがあります。

一方、ACTHが低値を示し、コルチゾールが高値の場合は、副腎腫瘍によるクッシング症候群が疑われます。また、下垂体の機能低下や、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)の大量服用などでも低値となります。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…クッシング症候群、アジソン病、ストレス、うつ病、神経性食欲不振症、異所性ACTH産生腫瘍、グルココルチコイド不応症など
  • 低値…下垂体機能低下症、副腎性クッシング症候群、ACTH単独欠損症、外因性ステロイド投与など

コルチゾールとは?

コルチゾールとは、副腎皮質から分泌されるホルモンで、糖質コルチコイドの一種です。糖代謝をはじめ、タンパク代謝、脂質代謝、電解質の代謝、骨代謝、さらに免疫機構にも関与しており、生命維持に不可欠なホルモンです。炎症を抑制する作用もあります。
ストレスに関与し、過度なストレスを受けると分泌量が増加しますが、その反応はとても敏感です。ストレスホルモンとも呼ばれています。

過度なストレスに気をつけましょう

コルチゾールの検査は、副腎皮質や下垂体、視床下部の異常が疑われる場合や、糖尿病・肥満の原因を調べるために行われます。

コルチゾールはどのように検査するのか?
午前8〜10時に採血を行なって調べます。コルチゾールの分泌量は、朝、起床したときが最も多く、午後から夜にかけては徐々に減っていきます(日内変動)。なお、下垂体から分泌されている副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が、コルチゾールの量をコントロールしているので、ACTHも同時に測定することが重要です。

また、尿中の遊離コルチゾールの測定を行なう場合もあります。この方法では、24時間にわたって蓄尿を行うことにより、コルチゾールの1日の分泌量を評価できるというメリットがあります。

基準値

  • 血中コルチゾール…4.0〜23.3ug/ml (午前8:00〜10:00)
  • 尿中コルチゾール…26.0〜187.0μg/日 (平成16年3月31日までは11.2〜80.3μg/日)

検査結果の判定
高値の場合は、副腎腫瘍や下垂体腫瘍が原因でホルモンを産生し、コルチゾールが過剰に分泌されるクッシング症候群が疑われます。また、過度なストレス、うつ状態、うつ病などでも高値を示します。妊娠中は数値が高値になる傾向があります。

一方、低値の場合は、副腎皮質が破壊され、副腎皮質ホルモンの分泌が低下してしまうアジソン病が考えられます。原因として自己免疫、結核菌の感染、がんの転移による場合もあります。また、副腎皮質ホルモン薬を長期間服用していると、低値になることがあります。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…クッシング症候群、ストレス、うつ病、神経性食欲不振症など
  • 低値…アジソン病、先天性副腎皮質過形成、ACTH不応症、下垂体性副腎皮質機能低下症、副腎皮質ホルモン薬の服用など

甲状腺ホルモンとは?

甲状腺ホルモンは、喉仏(甲状軟骨)の下の気管の外側についている甲状腺という臓器から分泌されるホルモンのことで、人体のエネルギー代謝を調節する重要なホルモンです。
甲状腺ホルモンは、脳の下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)の作用によって、その分泌が促進されます。このホルモンが過剰になったり、不足したりすると、甲状腺ホルモンにも過剰や不足が見られるようになります。
この検査では、これらのホルモンの分泌機能に異常がないかを調べます。

甲状腺

甲状腺ホルモンは体内のタンパク質合成やエネルギーの代謝、酸素消費などの能力を高める作用があり、その種類はT4(サイロキシン)とT3(トリヨードサイロニン)に分かれます。
しかし、血液中のT4、T3はタンパク質と結合しており、ホルモンとしては作用しないため、逆にタンパク質と結合していないFT4(遊離サイロキシン)、FT3(遊離トリヨードサイロニン)も測定します。

甲状腺ホルモンを調べると何がわかるのか?
甲状腺ホルモンの分泌を見ることによって、甲状腺の働きと異常(亢進症と低下症)がわかります。
バセドウ病などに代表される甲状腺機能亢進症は甲状腺腫(喉仏の下が膨張する)で発見されることが多く、暑がり、動悸、原因不明の体重減少、倦怠感、月経異常などの症状が現れます。
一方、甲状腺機能低下症ではむくみや便秘、食欲不振、寒がりなどの症状が現れます。

これらの甲状腺の病気が疑われる場合に、甲状腺ホルモンを検査します。
また、健康診断などで血液中のコレステロール値心電図に異常がみられた場合にも、甲状腺検査が行なわれる場合があります。

甲状腺ホルモンはどのように検査するのか?
血液を採取して調べます。妊娠中の場合は、数値が変動するのであらかじめ申し出てください。

基準値

  • T4(サイロキシン)…4〜12μg/dl
  • T3(トリヨードサイロニン)…0.7〜2.1ng/dl
  • FT4(遊離サイロキシン)…0.9〜1.9ng/dl
  • FT3(遊離トリヨードサイロニン)…2.5〜4.5pg/dl
  • TSH(甲状腺刺激ホルモン)…0.3〜3.7μU/dl

検査結果の判定
T4、T3が高値の場合は甲状腺機能亢進症が、T4、T3が低値の場合は甲状腺機能低下症が疑われます。
必要に応じて、甲状腺組織を採取する生検やシンチグラフィー、X線CTなどの検査も行い、それらの結果を組み合わせて診断が行なわれます。

異常があったらどうするか?
甲状腺ホルモンの測定により、甲状腺機能亢進症あるいは低下症の診断ができたら、ただちに治療を開始します。
一般的に、甲状腺機能亢進症の治療では抗甲状腺剤を服用しますが、薬の副作用や甲状腺の腫れなどがある場合には、手術や放射性ヨード剤による治療を行ないます。甲状腺機能低下症を治療するときは甲状腺ホルモン剤を服用します。これらの疾患はともに慢性病ですので、治療は長期に及びます。

異常な場合に疑われる病気

  • T4、T3が高値…甲状腺機能亢進症(バセドウ病、プランマー病)、亜急性甲状腺炎、TSH産生腫瘍など
  • T4、T3が低値…甲状腺機能低下症(粘液水腫、クレチン病、橋本病)、ヨード欠乏症など

副甲状腺ホルモンとは?

副甲状腺ホルモン(PTH)は、副甲状腺から分泌されるホルモンのことで、甲状腺から分泌されるカルシトニンというホルモンやビタミンDとともに、血液中や体液中のカルシウム濃度を一定に保っています。カルシトニンは、血液中のカルシウム濃度が高くなると分泌が高まり、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えるようにはたらきます。

カルシウムを調節する大切なホルモンです

一方、副甲状腺ホルモンは、血液中のカルシウム濃度が低下すると分泌が高まり、骨に含まれているカルシウムを取り出し、腸からのカルシウムの吸収を促進することによって、血液中のカルシウムを増やすはたらきをしています。
このように、二つのホルモンがバランスよくはたらくことによって、血液中のカルシウム濃度は常に一定に保たれているのです。

副甲状腺ホルモンを調べると何がわかるのか?
副甲状腺ホルモンは、カルシトニンやビタミンDと共に生体内のカルシウムおよびリン酸代謝を調整する重要なホルモンです。副甲状腺ホルモンは骨と腎臓が標的器官ですが、ビタミンDの活性化を介して間接的に腸管にも作用しています。

したがって、血液中の副甲状腺ホルモン濃度の測定は、カルシウムおよびリン酸代謝に関与するこれら各臓器の機能を検査する上で重要な指標となっています。
また、腎不全患者の場合、続発性副甲状腺機能亢進症による腎性骨異栄養症を評価するためにも使用します。

副甲状腺ホルモンはどのように検査するのか?
血液を採取して調べます。副甲状腺ホルモンは、血中へ分泌された後、速やかに分解されるため、PTH-C(パラサイロホルモンC末端)、PTH-M(パラサイロホルモン中央部)、intact PTH(全分子PTH)として測定します。
多くの場合、どの部分を測定しても判定には大きな影響はありませんが、基準値は測定する部分によって変わるので、注意が必要です。
なお、検査の数値に影響を及ぼす恐れがあるので、採血の2〜3日前からカルシウム剤の服用は避けてください。

基準値

  • PTH-C…150pg/ml以下
  • PTH-M…180〜560pg/ml
  • Intact PTH…10〜60pg/ml

異常があったらどうするか?
血液中のカルシウムとリン、尿中のカルシウムとリン、アルカリホスファターゼなどを調べて病気を診断します。
血中カルシウム濃度の低下が認められる場合に副甲状腺機能低下症を考える必要があります。
副甲状腺ホルモンは、血中カルシウム濃度を上昇させると共に、リン濃度を低下させる作用を有しています。このため副甲状腺機能低下症では、低カルシウム血症と共に高リン血症が認められます。
ただし低カルシウム血症、高リン血症は、慢性腎不全でも生じます。
したがって、低カルシウム、高リン血症を示し、腎機能が悪くない場合に、副甲状腺機能低下症と診断されます。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…副甲状腺機能亢進症、慢性腎不全、低カルシウム血症、ビタミンK欠乏症、骨粗しょう症、骨軟化症など
  • 低値…副甲状腺機能低下症、悪性腫瘍の骨転移、高カルシウム血症など

副腎髄質ホルモンとは?

副腎髄質ホルモンとは、腎臓の上の左右一対ある副腎と呼ばれる臓器から分泌されるホルモンのことです。アドレナリン(エピネフリン)、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)、ドーパミンの3種類があり、3つを総称してカテコールアミンと呼びます。

肉体的・精神的なストレスに対処します

緊張、不安、興奮などの精神的ストレス、あるいは運動、苦痛、暑い(寒い)などの肉体的ストレスが加わると、脳の交感神経が緊張します。
交感神経の刺激を受けて副腎髄質から分泌されたドーパミンが、アドレナリン、ノルアドレナリンと作り変えられ、血管の収縮、弛緩、血圧の維持、心臓の収縮などにはたらき、これらのストレスに対処しています。

副腎髄質ホルモンを調べると何がわかるのか?
褐色細胞腫や神経芽細胞腫などの腫瘍ができるとカテコールアミンの分泌が増えるため、それらの腫瘍の診断や治療効果の測定のために検査を行ないます。
また、狭心症や心筋梗塞、心不全の診断、それにストレスや交感神経に関係している病気を調べるときにもカテコールアミンを調べます。

副腎髄質ホルモンはどのように検査するのか?

尿で調べる
尿を塩酸を入れた容器にとって低温保存し、1日分をまとめて、その中のカテコールアミンを測定します。アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンについても同様です。

血液で調べる
大人と子供の場合…肘の内側か手の甲の静脈から採血(静脈穿刺)を行います。
乳児と低学年の子供の場合…採血する場所をエタノールで清浄し、尖った針かランセットで穿刺します。血液はピペット(小さなガラスの管)、スライド、検査用ストリップ、小容器などに採取します。

検査結果の判定
カテコールアミンは主に高値の場合が問題となります。まず考えられるのが、褐色細胞腫、乳幼児では神経芽細胞腫です。褐色細胞腫の場合には、副腎にできたものはアドレナリンが高く、それ以外に発生したものはノルアドレナリンが高くなります。

異常があったらどうするか?
褐色細胞腫は20〜40歳代の成人に見られる腫瘍で、そのほとんどは良性です。
しかし、頻度は低いのですが、高血圧の原因として見逃すことのできない疾患です。
ほかの検査結果とあわせて診断を行ない、診断に従って治療に当たります。

乳幼児が異常値を示した場合に最初に疑われる神経芽細胞腫は、小児がんの一種です。
主に腹部や胸部に発生し、どの年齢でも発症しますが、1歳位までに発見された神経芽細胞腫は外科手術などで治る場合がほとんどです。
精密検査として血液検査、X線検査超音波検査などを行って確定診断を下します。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…褐色細胞腫、神経芽細胞腫、副腎髄質過形成、心不全、心筋梗塞、パーキンソン病、本態性高血圧、甲状腺機能低下症、総合失調症、うつ病、糖尿病など
  • 低値…起立性低血圧、家族性自律神経失調症、汎下垂体機能不全賞、フェニルケトン尿症、甲状腺機能亢進症など

 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.