病院の検査の基礎知識

がん別に見るPET検診の有用性

PETは肺がんや甲状腺がん、食道がんを得意としますが、腎臓がんなどは苦手としています。現在の医療技術では、全てのがんを発見できる検査機器は存在しません。したがって、複数の検査を組み合わせるのが、早期発見を目的としたがん検診には最も有効となります。

がん PET検診の有用性
脳腫瘍 脳は活動が活発なため、検査薬であるFDGが集積しやすい場所です。そのためがんのある場所によって検出能力にばらつきが生じてしまいます。脳腫瘍の検査では頭部MRIが第一選択となります。
甲状腺がん PETが最も有用ながんの一つです。その理由は、甲状腺が体の表面側に近く画像で見えやすいためです。ただし良性腫瘍でもFDGが集積し偽陽性を示すことがあります。
肺がん FDGが集積しやすいため、甲状腺がんに次いでPETが得意としているがんとなっており、早期発見の切り札として注目されています。リンパ節などに移転したがんも同時に発見することが可能です。このPETと胸部CTが、第一選択の検査法となっています。
食道がん がんの中でもFDGが集積しやすいがんのため、PETが得意ながんといえます。検査では内視鏡検査が第一選択となります。
胃・大腸がん これらの消化器は活動が活発なため、自然にFDGが集積しやすく、PETでがんを発見するのは難しくなります。CTやMRIでも発見率は低いため、内部の様子を直接見る胃内視鏡大腸内視鏡第一選択となります。
肝がん 肝臓にはFDGの集積を妨げる酵素が存在するので、原発性肝がんはPETで検出するのは困難となります。一方、転移がんはそうした酵素が含まれていないので、発見するのに適しています。検査は、原発性肝がんには腹部超音波腹部CTが、転移がんにはPETと腹部超音波がそれぞれの第一選択となります。
膵がん 膵臓は身体の深部にある臓器のため、早期発見は難しいとされており、PETでも他の検査法を上回るほどの成績を残していないのが現状です。どちらかというと良性の腫瘍とがんの判別のために使用されています。
乳がん 乳がんは、正常細胞と動態があまり変わらず、FDGが集積しにくいタイプが多いので、PET検診の有用性は落ちます。乳がんにはマンモグラフィー乳腺超音波検査による確立された検診方法があります。しかし、2013年から保険適用となったPEM(乳房専用のPET)は、マンモグラフィーが発見できない微小ながんも発見できるとして注目されています。
子宮・卵巣がん 子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがありますが、PETはどちらにも有用です。子宮体がんには、ほかに負担の少ない検査方法が確立されていないため、特に有用です。卵巣がんでもその有効性が報告されています。
前立腺がん 前立腺がんは、FDGが集積しにくいタイプが最も多いため、PETでの発見率は低くなります。画像の分解能が高いMRIが第一選択となります。
腎臓がん・膀胱がん 検査薬であるFDGは尿中に排出されるため、がんがあっても発見しにくい場所です。PETは向いておらず、超音波検査とMRIが第一選択の検査となります。
悪性リンパ腫 他の画像検査では、濃度のコントラストがつきにくいため発見の困難ながんですが、FDGが集まりやすいため、PET検診が有用で第一選択の検査となります。

 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.