病院の検査の基礎知識

PETは痛みのない画像検査として、がん検診に活用されています

PETの正式名称は「陽電子放射断層撮影法(Positron Emission Tomogoraphy)」といい、「苦痛がほとんどなく一度の検査で全身を調べることができる」「小さながんも発見することができる」として、近年注目されている検査です。

がん検診

PETは、放射線を出す検査薬を注射し、その薬が発する放射線を特殊なカメラを使って外部から検出し画像化します。検査薬は細胞のエネルギー源となるブドウ糖に似た糖に放射性物質を結合させたもので、その取り込み具合によって対象となる部位の「機能」を判別します。

がん細胞は通常の細胞よりも増殖スピードが速いため、より多くのブドウ糖を必要とします。つまり、がんのあるところから放射線が多く放出され、それが画像に映し出される(白黒の場合は黒く、カラー画像では明るい)のです。この細胞の「機能」の違いから病巣を見つけるという特性は、「形」の異常から病巣をとらえるCTやMRI、超音波検査と大きく異なります。

PET検診で最もよく発見されるがんは、甲状腺がんと肺がんです。その他、食道がん、肝臓への転移がん、子宮がん、卵巣がん、悪性リンパ腫などの発見に有用とされています。

日本核医学会・臨床PET推進会議では、PETによる「がん検診」を、1.中高年(特に50歳以上)、2.がんになった近親者がいる、3.喫煙習慣などがんの危険因子がある、の一つでも当てはまる方を対象に1〜2年に1回の受診を推奨しています。

PETは万能ではありませんので、がん検診では、PETをCT、MRI、超音波検査などと組み合わせて実施するのが確実です。

従来、PET単体では分解能が劣っているとされてきました。しかし、近年の医療機器の進歩とコンピュータ技術の進歩により、PETとCTを合体させたPET-CTが登場し、PETの分解能をCTとの画像融合で補完する仕組みやCTの3D画像とPETを融合することで診断精度を向上させています。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.