病院の検査の基礎知識

糖尿病の有無、その治療や管理の指標として欠かせません

血糖とは、一般には血液中のブドウ糖のことを意味します。ブドウ糖はエネルギー源として利用されているため、血液中のブドウ糖(血糖)は一定の濃度に保たれています。
そのコントロールを行っているインスリンが不足したり、あるいはインスリンの働きが弱くなったりすると、血液中に多量の糖が存在することになってしまいます。

家庭用の簡易血糖測定器です

血糖を調べると何がわかるのか?
血糖を調節しているインスリンが不足すると、血液中にブドウ糖があふれて高血糖になり、逆に過剰になると低血糖になります。どちらの場合も、血糖の異常な増減は体に悪影響をもたらします。
血糖の検査は、高血糖の疾患である糖尿病の有無、その治療や管理の指標として欠かせません

血糖の値はどのように測定するのか?
前日の夕食後から絶食し、朝一番に空腹の状態で採取して、酵素法による自動分析器にかけて測定します。血糖値は採取する血液によっても異なります。医療機関で検査する場合は静脈血を使いますが、動脈や毛細血管での血糖値は静脈よりも10〜20mg/dl高くなります。したがって、糖尿病の人が自己血糖管理に用いる簡易血糖測定器で血糖値を測る(血糖自己測定=SMBG)場合は、医療機関の数値よりも高値になることを頭に入れておきましょう。

基準値

  • 空腹時血糖…70〜109mg/dl
  • 食後2時間血糖…140mg/dl未満

健康な人でも一日の血糖値は70〜130mg/dlの間を変動しており、食事の前と後では大きな差があります。食事をとると、炭水化物が吸収され、ブドウ糖となって血液中に出てくるので、食後の血糖値は食前よりも高くなります。

検査結果の判定
早朝空腹時血糖値が126mg/dl以上、または食後血糖値が200mg/dl以上であれば、糖尿病の疑いが濃厚です。その場合はブドウ糖負荷試験(GTT)、併せて血中インスリン活性検査を行ないます。正常型・境界型・糖尿病型の判定を行ない、糖尿病型であれば、合併症の有無を調べるため、眼底検査尿タンパク、神経の検査も受けます。

なお、日本人間ドックの判定基準では、空腹時血糖値が110〜115mg/dlは判定Cで、生活習慣の改善と定期検査の必要があり、116〜125mg/dlは判定D2で、ブドウ糖負荷試験のほか、HbA1c(グリコヘモグロビン)グリコアルブミン1.5AGなどの血液検査が必要とされています。

糖尿病をはじめとする生活習慣病の減少を目的とした特定健診では、空腹時血糖値(100mg/dl以上)は、腹囲などの数値と合わせて、保健指導の対象者を抽出するための基準のひとつとなっています。

高血糖値から考えられる糖尿病以外の病気としては、クッシング症候群、膵炎、肝炎、肝硬変、末端肥大症などがあります。またストレス、暴飲暴食、肥満、運動不足などが原因で血糖値が上昇することもあります。特に肥満は糖尿病の最大の危険因子ですので、注意が必要です。

逆に血糖値が70mg/dlに満たない低血糖の場合、最も疑われる病気はインスリンノーマ(膵島線種)です。膵臓の中でインスリンを分泌する細胞に腫瘍ができ、インスリンが大量に放出されて血糖値が異常に下がってしまう病気で、意識障害を引き起こす恐れがあります。

異常があったらどうするか?
検査を受けて糖尿病と診断が確定したら、医師の指導のもと食事療法と運動療法を開始します。
食事と運動で血糖が下がらない場合は、インスリン注射が行なわれます。

なお、食事療法や運動療法の補助薬品として世界37カ国で販売・使用されている仏製薬大手サノフィ・アベンティスの肥満治療薬「アコンプリア(一般名:リモナバン)」は、日本国内においては第3相臨床試験中であり、現在のところ新薬申請の予定は立っていません。

糖尿病は慢性の病気ですので、根気よく治療を続けることが大切です。食事療法、運動療法、インスリン療法で血糖コントロールをよくして合併症さえ防げれば、健康な人と同じように仕事もスポーツもできますので頑張りましょう。

異常な場合に疑われる病気

  • 高値…糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症、膵炎、肝炎、肝硬変など
  • 低値…インスリンノーマ(膵島線種)、糖原病、肝臓がん、ガラクトース血症など

 
Copyright 2013 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.