病院の検査の基礎知識

人間ドックで発見されるがんの8割は早期がん

人間ドックで発見されるがんは、男女合わせると胃がんが最も多く、女性に限った場合は、乳がんが増えています。人間ドックで見つかるがんのおよそ8割は、早期がんだとされています。早期発見に有用な画像検査には、次のようなものがあります。

PET(陽電子放射断層撮影)
陽電子を放出する放射性医薬品を静脈から注射して、陽電子によって出される放射線を特殊なカメラを使って画像化します。がんの検査の場合には、ブドウ糖に似た放射性医薬品を使います。

がん細胞は、正常な細胞よりもブドウ糖の消費量が多いので、この薬剤は細胞に多く取り込まれます。つまり、がんのあるところから放射線が多く放出され、それが画像に映し出されて、がんの所在が明らかになるのです。

PET検査は、一度に全身を撮影できるうえ、5mm程度の小さながんを見つけることも可能です。しかし、前立腺や腎臓、膀胱など、放射線医薬品を尿とともに排泄する部分のがんは見つけにくいのが欠点です。

検査時間は、一度に全身を撮影するので、2時間程度かかります。また、特殊な装置が必要なため限られた医療機関でしか行えません。

マルチスライスCT(コンピュータ断層撮影)
CT検査は、体を輪切りにするようにエックス線撮影し、コンピュータで処理をして画像に表わすものです。マルチスライスCTは、通常のCTよりも細かい間隔で、高速で体を連続撮影することができます。

従来のCTでは画像と画像の隙間にあって見逃されてきたような小さな病巣や血管の異常を発見することが可能です。また、得られたデータから、鮮明な三次元の立体画像を作ることもできます。検査時間は5〜15分程度です。

マンモグラフィー(乳房エックス線撮影)
圧迫版で乳房を上下と左右から挟み、エックス線撮影する検査です。ごく小さながんや、石灰化(がん細胞の中心部が死んで、カルシウムが沈着して固まった状態)をとらえることができ、しこりになる前の早期の乳がんを発見できます。厚生労働省は、40歳以上の女性の乳がん検診には、マンモグラフィーを使用すること勧めています。


 
Copyright 2015 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.