病院の検査の基礎知識

健康診断の目的と検査項目

健康診断(健診)は、特に自覚症状のない人が、自分の健康状態を知って生活習慣病を予防したり、隠れた病気を発見するために行われます。健康診断には、職場や自治体の健診などがあります。企業などに勤めていないと受けにくいことがあるかもしれませんが、健診の大切さを理解し、1年に1回は受けるようにしましょう。

病気の早期発見・治療に努めましょう

検査項目
健診では、血圧測定、尿検査、血液検査、肺機能検査胸部エックス線検査心電図検査視力検査眼圧測定眼底検査などが行われます。尿検査では、尿糖尿たんぱく尿潜血反応など、血液検査では総コレステロール血糖GOT(AST)、GPT(ALT)γ-GTP赤血球数などさまざまな項目を調べます。

医師による診察も行われます。検査項目の数は、職場や自治体などによって異なります。「人間ドック」の場合は、健診より検査項目が多く、脳ドックなどのオプションの検査を加えることもできます。

健診や人間ドックでは、検査項目ごとに、結果を数値で表したり、異常の有無を示します。また、複数の項目から、脂質代謝、糖代謝、肝機能、腎機能などを調べ、「異常なし」「経過観察」「要再検査」「要精密検査」などと判定されます。

2008年からは、メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣の改善が必要な人を抽出して、保健指導を実施することにより糖尿病、高血圧、脂質異常症などを予防することを目的とした特定健診もスタートしています(40〜70歳までの健康保険加入者が対象)。

脳の病気の検査

脳にはたくさんの血管があり、脳細胞は、これらの血管から酸素や栄養素を供給されています。これらの血管のどこかが詰まったり出血したりして、脳の組織の一部に障害が起こり、半身麻痺などの症状が現れる病気を、脳血管障害といいます。

各種画像検査で脳の異常を見つけます

脳卒中は、脳血管障害が突然起こる場合で、発症のしかたによって、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などに分けられます。脳血管性痴呆も、脳血管の血液の流れが悪くなって、痴呆症状が現れてくるものです。ほかに、頭を打ったあと1〜3ヶ月してから、血腫(出血したあとにできた血液のかたまり)が脳を圧迫して、頭痛や手足の麻痺などの症状が現れてくる慢性硬膜下血腫などの病気があります。

  • 頭部CT…X線撮影し、頭蓋骨の中を5mm〜1cm間隔の輪切りにした画像で映し出します。
  • 頭部MRI…CTでは写せない小さな脳梗塞や、脳幹部の病変をはっきりととらえます。
  • 頭部MRA…くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤のスクリーニングとして行われます。
  • 頭部血管造影…造影剤を注入してX線撮影し、動脈、静脈、毛細血管の異常を観察します。
  • 3D-CTA(三次元脳血管造影)…脳の血管を立体構造として三次元に描き出します。
  • 神経超音波検査…超音波の性質を利用して、脳や頚部の血管や血流の状態を調べます。
  • SPECT・PET…脳の断面の血流状態がよくわかり、虚血領域を確認することができます。
  • 脳波検査…頭皮の電気的な変動を頭部の電極でとらえ、増幅し、波形として記録します。

目の病気の検査

角膜、水晶体、網膜、視神経などに異常が生じると、視力障害や視野障害が起こってきます。水晶体は、虹彩と瞳孔のうしろにあって、透明な凸レンズの形をしていますが、老化などによって水晶体がにごってくると、視力が低下してきます。これが白内障です。

緑内障は自覚症状が少ないため、早期発見が重要です

網膜から視神経が集まって太い束になって出て行く部分を視神経乳頭といいます。眼圧が高くなると、この視神経乳頭が圧迫されて障害が起こります。この病気が緑内障です。

網膜がはがれる病気を網膜剥離といいます。網膜の黄斑部というところが、老化によって変性してくるのが加齢黄斑偏性症です。これらの病気では、視力が低下したり、視野が欠けたりします。

  • 視力検査…視力検査表を片目ずつ見て、どの大きさまで見えるかどうかを調べます。
  • 視野検査…一点を注視したときに周囲に見える範囲を視野計を用いて測定します。
  • 眼底検査…網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行ないます。
  • 眼圧検査…房水という液体によって保たれている眼球内圧(眼圧)を測定します。
  • 隅角検査…隅角には眼圧を調節する房水の排出口があり、緑内障の診断に重要です。
  • 細隙灯顕微鏡検査…拡大鏡を使い、帯状の光を目に当てて、目の病気を調べます。
  • 蛍光眼底造影検査…糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症の診断には欠かせない検査です。
  • ドライアイの検査…重度のドライアイは視力障害の原因となりますので検査が必要です。

呼吸器の病気の検査

食べ物の栄養素は体内に取り込んだ酸素によって燃やされ、生命活動に必要なエネルギーに変換されます。その燃焼によって生じる二酸化炭素は、体には不要物ですから体外に排出されます。
この酸素の取り込みや二酸化炭素の排泄にかかわる気管を総称して呼吸器といい、大きく分けて気道、肺、胸郭の3つの部分から構成されています。

呼吸器系疾患

検診や人間ドックで、呼吸器の病気を調べる検査としては、一般に胸部X線による単純撮影が行われます。呼吸や咳・痰などに関する症状を訴えて外来に診察を受けに来た患者にも、まず、エックス線写真を撮るのが前提になります。ほかに肺活量を測定する肺機能検査や喀痰(かくたん)検査が実施されることもあります。

これらの検査で疑わしい病気があれば、動脈血分析、胸水穿刺、X線による胸部断層撮影、胸部CT、気管支内視鏡などの精密検査が行われることになります。

  • 肺がん検診…肺がんは早期発見できれば予後は良好なため、検診受診が重要です。
  • 胸部X線検査…肺炎、肺がん、肺気腫などの呼吸器系疾患の有無と程度がわかります。
  • 胸部CT検査…胸部X線の結果、肺がんや胸部の病気が疑われたときに行なわれます。
  • 気管支内視鏡…細い管を口から挿入して、気管や肺の内部を観察します。
  • 蛍光気管支内視鏡…正常な気管支組織は緑色に光り、がん組織は黒っぽく見えます。
  • 肺機能検査…肺の容積や、空気を出し入れする換気機能のレベルを調べます。
  • 酸素飽和度検査…動脈血の中に、酸素がどの程度含まれているかを調べます。
  • 動脈血ガス分析…採血した血液を血液ガス分析装置で分析し、呼吸機能を診断します。
  • 喀痰検査…痰を採取して、含まれている病的な成分を顕微鏡で観察します。
  • ピークフロー値…吐き出した呼気の最大流量のことで、気道の状態を把握できます。
  • アプノモニター…無呼吸や低酸素が睡眠中に起こっていないかどうかがわかります。

循環器の病気の検査

循環器の病気は、心臓の病気、血管の病気、高血圧症の3つに分けられます。次に述べるような様々な病気を正確に診断し、治療法を決定するうえで、特殊な検査が必要となります。

心臓疾患、血管の病気、高血圧症があります

心臓の病気(虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、不整脈)
心臓は、1日に10万回拍動を繰り返しており、多くの酸素を消費します。酸素は心臓に栄養を送る冠動脈を介して心臓全体に供給され、冠動脈に血管障害が起こると、心臓の筋肉は正常に機能しなくなります。この心臓の筋肉の酸欠状態を、心筋の虚血といい、そのために生じる病気が虚血性心疾患です。狭心症と心筋梗塞がその代表です。

弁膜症とは、血液を押し出す役目を持つ心臓の4つの弁に異常が起こり、本来の役割を果たせなくなった状態をいいます。この弁に異常があると血液を効率的に押し出せず、左心室に負荷が加わったり、十分な血液が流れ込めなかったりして、心不全を起こします。

心筋症とは、心筋(心臓の筋肉)に障害が起こる病気で、心筋が弱くなって心不全になる拡張型心筋症と、心筋が肥厚して不整脈や心不全を起こす肥大型心筋症が、主なものです。

不整脈とは、脈が不規則だったり、勝手に速くなったり遅くなったりする状態をいいます。これには、放置しておいてかまわないものから生命に危険があるものまで、様々な病気が含まれています。虚血性心疾患にともなう不整脈は、重大な危険信号です。

血管の病気
大動脈が局部的に拡張したものを大動脈瘤といいます。ある程度大きくなると破裂し、突然死を起こします。発見されたら、心臓血管外科医による適切な治療が必要です。

大動脈の壁が避けることを大動脈乖離といいます。大変危険な病気で、避けた直後は生命の危険が極めて高いものです。そのほか、大動脈に炎症を起こして、血管の閉塞や大動脈弁膜症を起こす大動脈炎、動脈硬化が進行して足などの血管閉塞を起こす閉塞性動脈硬化症などがあります。

高血圧症
高血圧症は、最高血圧が160mmHg以上か、最低血圧が95mmHg以上ある状態です。原因のはっきりしない本態性高血圧症と、内分泌疾患や腎臓病などの原因で血圧が高くなる二次性高血圧症があります。

  • 血圧測定…血圧は動脈硬化や脳卒中などの病気を予防する上で重要な指針になります。
  • 心電図検査…心臓病の発見や診断、病状の把握、治療効果の確認などに欠かせません。
  • 負荷心電図…心臓に負担をかけ、これに伴う心筋の変化を心電図で観察します。
  • ホルター心電図…24時間の心電図を持続的に記録して、後日、解析して診断します。
  • 総コレステロール…動脈硬化や心臓病などの循環器障害の診断や経過判定に有用です。
  • LDLコレステロール…動脈硬化を引き起こす原因となる、「悪玉コレステロール」です。
  • HDLコレステロール…血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすLDLを引き抜きます。
  • 中性脂肪…血液中に増加してくると、動脈硬化を進める一因になります。
  • リポたんぱく(a)…心筋梗塞や脳梗塞などのリスクの目安となります。
  • 心臓超音波検査…心臓からエコーを受信して画像に映し出し、心臓の動きを観察します。
  • 心臓核医学検査…静脈に放射性同位元素を注射し、心臓の血液の流れを映し出します。
  • 心臓カテーテル検査…先天的心疾患や心臓弁膜症の診断や重症度判定に有用です。
  • 冠動脈造影検査…造影剤で冠動脈を造影して血管の状態を調べたり、治療を行います。
  • マルチスライスCT…あらゆる角度、方向から、心臓が立体的に手に取るように見えます。

消化器の病気の検査

胃の病気の多くは、暴飲暴食やアルコールの過剰摂取など、不摂生な生活の積み重ねがもたらすといってもよいでしょう。また、胃は脳のコントロールを受けているため、精神的ストレスに弱く、ストレスを溜め込むことも、胃の病気の誘引になります。

胃、十二指腸、小腸、大腸の検査

言い換えれば、こういった不摂生やストレスを避け、規則正しい食生活とストレス発散を心がけることが、胃に負担をかけない大事なポイントになります。

腸の病気に関しては、便秘と下痢の有無が一つのバロメーターとなります。便秘そのものは病気ではありませんが、病気のために便の通過障害が起こり、その症状の一つとして便秘が生じることがあります。たとえば、腸閉塞、大腸がん、大腸ポリープといった病気です。急に便秘になったり、便秘が急にひどくなるなど、排便に以上が生じたときは、早めに受診しましょう。

また、下痢というと、風邪やアレルギー、食中毒などの症状として知られていますが、下痢が2〜3週間以上も慢性的に続くことがあります。この場合、多くは過敏性腸症候群によるものですが、ほかにも潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなどによることも考えられます。便秘同様、原因がはっきりとしない下痢が続くときには、市販薬に頼らず一度きちんと消化器内科を受診して、病気がないか確かめることが大切です。

  • 胃がん検診…内視鏡検査が選択可能となり受診者の負担が軽減されました。
  • 上部消化管X線造影検査(バリウム検査)…食道がん、胃がん、胃・十二指腸潰瘍を診断。
  • 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)…病変の大きさや出血がわかり、確定診断に有用です。
  • CEA…主に胃がん、大腸がんがある場合に、高い数値を示す腫瘍マーカーです。
  • 経鼻内視鏡検査…鼻からスコープを挿入し、食道、胃、十二指腸を調べます。
  • ピロリ菌検査…ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因になるといわれています。
  • 超音波内視鏡…消化管の腫瘍などを詳しく調べる際に利用されています。
  • カプセル型内視鏡…小さなカプセル型の内視鏡を飲み込んで、消化管を観察します。
  • ダブルバルーン内視鏡検査…小腸の腫瘍や炎症などを早期発見・治療が可能です。
  • 大腸がん検診…40〜50代に増加している大腸がんの有無を調べます。
  • 便潜血反応…採取した便に試薬を混ぜ、その変化で血液の混入判定を行ないます。
  • 注腸X線検査(大腸バリウム)…大腸がんのほか、クローン病、潰瘍性大腸炎を診断します。
  • 大腸内視鏡検査…肛門から内視鏡を挿入し、大腸の病変を直接観察します。
  • 仮想大腸内視鏡検査…内視鏡を挿入せずに、CTで大腸を撮影し、3D画像化します。
  • 直腸診…患者の肛門に医師が指を挿入して、肛門や直腸下部の病変を探ります。

肝臓、胆道、膵臓の病気の検査

肝臓は再生能力があり、予備能力に富んでいるので、少々のダメージや障害では影響を受けません。肝臓がトラブルを抱えても、すぐには自覚症状が現れにくいことから、「沈黙の臓器」といわれています。そのかわり、症状が出てきたときには、かなり深刻という警告でもあります。

肝臓、胆道、膵臓の病気は近年増加しています

脂肪の消化吸収を助ける胆汁は、肝臓でつくられますが、胆道はこの胆汁が十二指腸に流れる通路です。胆道は、細い管の胆管とナスのような形の胆嚢から構成されています。

肝臓から分泌された胆汁は胆嚢に一時蓄えられ、濃縮されますが、十二指腸に食べ物が入ってくると、胆嚢は胆汁をしぼり出し、十二指腸に送り込みます。そして脂肪の消化吸収を助けます。

膵臓の重要な役目の一つは外分泌腺機能といわれ、消化酵素を分泌する働きです。糖分を分解するアミラーゼ、脂肪を分解するリパーゼなど20種類以上の消化酵素を作り出し、これらの消化酵素は膵液となって十二指腸に送られ、食べ物の消化吸収を助けます。

二つ目は、ない分泌機能といわれる血糖値をコントロールする働きです。膵臓にあるランゲルハンス島という細胞からは、糖尿病などと関係の深い血糖値を下げるインスリンや、血糖値を上げるグルカゴンなどのホルモンが分泌されています。膵臓は、この二つのホルモンの分泌を調節して、血糖値を安定させる働きをしています。

  • GOT、GPT…肝臓病の有無について調べるとき、最も一般的に行なわれる検査です。
  • γ-GTP…アルコール性肝障害の診断に特に重要な検査です。
  • LAP…胆道が詰まると血液中に増加するので、胆道閉塞を起こす病気の診断に有用です。
  • ALP…γ-GTPやLAPと同様に、肝・胆道疾患の指標として用いられています。
  • LDH…特に急性肝炎や肝臓がん、あるいは心筋梗塞のときに著しく増加します。
  • ビリルビン…肝機能障害や胆管障害などがあると、ビリルビンが血液中に増加します。
  • コリンエステラーゼ…慢性の肝臓病の経過をみていくうえで、とても重要な検査です。
  • B型肝炎の検査…HBV(B型肝炎ウイルス)は感染力が強く、性行為で感染が拡大します。
  • C型肝炎の検査…HCV(C型肝炎ウイルス)の感染者の7割前後が慢性化します。
  • A/G比…肝障害、ネフローゼ症候群、悪性腫瘍などの可能性を探ることができます。
  • ICG試験…注射したICGの排出の具合を見て、肝臓の解毒機能をチェックします。
  • 膠質反応(コロイド反応)…肝機能検査のスクリーニングとして用いられています。
  • 腹部CT検査…肝臓がん、胆道がん、膵臓がんなどの腹部臓器の悪性腫瘍を調べます。
  • 腹部超音波検査(腹部エコー)…胆石、早期肝臓がんの発見に有用です。
  • 腹腔鏡検査…腹部にレンズがついた細長い筒を挿入し、腹腔内臓器を肉眼で観察します。
  • 肝生検…肝臓に針を刺して組織や細胞を採取し、顕微鏡で細かく観察する検査です。
  • アミラーゼ…膵炎やすい臓がんの腫瘍マーカーとして有効です。
  • リパーゼ…アミラーゼと同様の変動を示しますが、より膵臓に特異的な変動を示します。
  • エラスターゼ1…早期の膵臓がんで数値が上昇するため、スクリーニングに有用です。

糖尿病や高尿酸血症の検査

健康な人は膵臓からインスリンというホルモンを大量に分泌させ、食事で増えた血液中の糖(ブドウ糖)を代謝するので、血糖値は数時間で元に戻ります。ところが、インスリンの分泌または作用が不足すると、糖の代謝異常が起こり、慢性的に高血糖が続きます。これが糖尿病です。国内における糖尿病患者は700万人にものぼり、予備軍を合わせると2000万人に達すると言われています。

血糖のコントロールが大切です

初期には自覚症状は現れませんが、病状が進むと、のどの渇き、多尿、倦怠感、体重減少などの症状が見られるようになります。この病気が進行すると、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害などの合併症が現れます。

また、メタボリックシンドロームと呼ばれる病態に加え、喫煙などの多くの危険因子が重なると、脳梗塞や心筋梗塞など、生命にかかわる病気を引き起こします。

  • 尿糖…糖尿病を見つけ出すスクリーニング(ふるいわけ)検査として行なわれます。
  • 血糖…糖尿病の有無、その治療や管理の指標として欠かせません。
  • 血中インスリン活性…境界型の糖尿病(予備軍)を早期発見する手がかりになります。
  • ブドウ糖負荷試験…膵臓から分泌されるインスリンの働き具合を調べることができます。
  • C-ペプチド(CPR)…膵臓から分泌されているインスリンだけを測定することができます。
  • グリコヘモグロビン…過去1〜2ヶ月の血糖の平均的な状態を知ることができます。
  • グリコアルブミン…過去の血糖値の変動を推定できる指標として利用されています。
  • 1.5AG…軽症糖尿病の過去数日間の血糖コントロールの指標として利用されています。
  • 尿中アセトン体(ケトン体)…糖尿病のコントロールが上手くいっているかを調べます。
  • 尿酸…痛風や結石の原因となる血清中の尿酸の濃度を測定し、病気を診断します。
  • 特定健康診査…国のメタボ対策の柱として2008年に導入された健康診断です。

血液の異常を調べる検査

血液は、からだの隅々を駆け巡り、各細胞に必要な酸素や栄養素を運び、古くなった代謝産物や老廃物を運び去る、という大切な働きをしています。その血液の中身を調べれば、全身の組織や臓器の状態や異常がわかるもので、健康診断や人間ドックでは必ずといってよいほど血液検査が行われます。

血液を採取して調べます

血液自体の病気もわかり、赤血球系、白血球系、血小板系、血漿タンパクの4つに大別される血液の病気のうち、どの系統なのか最初に見当をつけることができます。

  • 赤血球数…血液一般検査の基本項目のひとつ。貧血や多血症の有無がわかります。
  • 網状赤血球数…貧血など、血液をつくるもとが関係している病気を調べます。
  • ヘモグロビン量…赤血球数とヘモグロビン量とを比較し、貧血のタイプを調べます。
  • ヘマトクリット…血液中にどれくらい割合で赤血球が含まれているかを調べます。
  • 白血球数…細菌感染による炎症を起こしているかどうかの判定に役立ちます。
  • 白血球分画…好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の増減を調べます。
  • 血小板数…貧血があって慢性出血が疑われるときに必ず行なわれます。
  • 骨髄穿刺…造血機能や血球の熟成度がわかり、血液病の診断に欠かせません。
  • 赤沈…赤血球沈降速度の略で、主に炎症をともなう病気の有無や程度がわかります。
  • 出血時間…血液凝固に関わる血小板の機能と毛細血管の状態がわかります。
  • プロトロンビン時間…外因系の凝固因子の異常を見つけるために行なわれます。
  • 活性化部分トロンボプラスチン時間…血友病のスクリーニングとして重要です。

性感染症(STD)を調べる検査

主に性行為で感染するクラミジアや淋病、性器ヘルペスなどの性病(正式名称は「性感染症」=STD:Sexually Transmitted Disease)は近年、症状が現れにくい「無症候化」の傾向にあります。その結果、パートナーに感染が拡大したり、放置して不妊や子宮外妊娠を招くこともあります。

性病は潜伏期間を経て発症

またオーラルセックスでクラミジアや淋病、梅毒、ヘルペスなどが口に感染する女性が増加している点も近年の性病の大きな特徴です。コンドームで予防に努めるだけでなく、不特定多数のパートナーがいる方は定期的に検査(男性は泌尿器科、女性は婦人科、皮膚症状は皮膚科)を受けて早期発見・治療を心掛けましょう。

下記のいずれの病気も感染から発症までには「潜伏期間」が存在するため、危険な行為をしてからすぐに病院で検査は受けてしまうと、本当は「陽性」なのに「陰性」と誤判定される恐れがあります。

  • 性病の検査…病原菌の潜伏期間を考慮して、血液や膣分泌液、うがい液を採取します。
  • クラミジア…自覚症状が出にくい性病で、不妊症や子宮外妊娠の原因になります。
  • 淋病…オーラルセックスが原因で喉に感染する性病の代表です。女性は症状が乏しい。
  • 膣カンジダ症…症状は膣のかゆみ、白くボロボロしたおりもの。何度も再発します。
  • 性器ヘルペス…ペニスや外陰部に痛みを伴う水ぶくれができます。再発率が高い。
  • 梅毒…陰部やリンパ節のしこり、赤い発疹などの症状が現れます。都市部で再流行の兆し。
  • HIV抗体検査…20〜50代に増えているエイズは発症前の発見・治療が重要です。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)…子宮頸がん、尖圭コンジローマの原因になります。
  • 尖圭コンジローマ…HPVの感染が原因で膣やペニス、肛門に白・ピンク色のイボができます。
  • 膣トリコモナス症…症状は、膣の激しいかゆみ、おりものの悪臭です。膣錠で治療します。
  • おりものが臭い…カンジダやトリコモナスなどの感染による膣内環境の悪化が原因です。
  • デリケートゾーンのニオイ…石鹸による洗いすぎは善玉菌を減少させるため逆効果です。

 
Copyright 2016 病院の検査の基礎知識 All Rights Reserved.